名古屋歩き 食べる・お茶する

#170 栄・久屋大通:名古屋に上陸した『Fab Cafe Nagoya(ファブカフェ)』の魅力@RAYARD Hisaya-odori Park

FabCafeとは 名古屋・栄の新名所「RAYARD Hisaya-odori Park(久屋大通パーク)」。テレビ塔下に広がる全長およそ1kmほどの公園が再開発され、公園の新しい価値を提供すべく魅力的な空間とショップ・レストランがオープン。 その中でも個人的に楽しみにしていたお店「FabCafe Nagoya」は、2012年に渋谷にオープンして以来、現在世界8カ国と11拠点にグローバル展開している「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な・素晴らしい)」をコンセプトにした、カフ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#169 池下・覚王山:絶品のパン屋『製パン 雅』グルメな人も納得する名古屋の名店

製パン 雅とは 2018年10月にオープンした千種区日進通にあるパン屋『製パン 雅』。 軽井沢の有名な「ベーカリー&レストラン 沢村」でおよそ7年間修行を積んだパン職人がオープンしたお店。 沢村のレシピをオリジナルにアレンジして作られるパンはどれも絶品なモノばかり! こじんまりとしたお店ながら、店内にはズラリとパンが並んでおり、来る者を魅了します。 お店の雰囲気 落ち着いた雰囲気の外観は、高級住宅街の景観に溶け込んだ雰囲気。 中に入ると、おいしそうなパンの匂いが漂うこじんまりとしたお店で、ショーケースには ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#168 矢場町:注目必須のコーヒースタンド『doubletall into cafe(ダブルトールイントゥカフェ)』名古屋の老舗カフェ2号店!

doubletall into cafeとは 2020年9月1日、名古屋の人気老舗カフェ「doubletall cafe nagoya」の2号店『doubletall into cafe』が矢場町にオープン! 注目必須の2号店は、若宮大通り沿い、矢場町交差点からすぐの場所。交差点の角にあるフレッシュネスバーガーの隣です。 こだわりのコーヒーはそのままに、ダブルトールカフェの味を手軽に楽しめるコーヒースタンド形式のお店は、日本最古のバリスタと呼ばれる近藤マスターが、自身のコーヒーへの想いを詰め込んだ新しいカ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#167 上前津・矢場町:名古屋の老舗カフェ『double tall cafe(ダブルトールカフェ名古屋)』洗練された空間と素材にこだわったメニュー

double tall cafeとは 1994年に八事の山の手通りにオープンした「double tall cafe」。 空輸してアメリカから取り寄せていた自慢のコーヒー豆と、日本最古のバリスタと呼ばれるマスターが淹れるコーヒーを求め、本物志向の人に人気を博した先進的なお店。 その後、東京に店舗を展開していきながら「double tall cafe」は成長を続けるが、名古屋店は閉店となる。 しかし、時を経て「double tall cafe名古屋」の顧客がオーナーとなり2017年11月に上前津で再オープンを ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#166 本山:『ボニュ(bonnieu)』トレズ本山で味わう上質な素材のバスクチーズケーキとハーブティー

ボニュ(bonnieu) 2020年6月20日にオープンした『XIII(トレズ)』の3階にあるカフェ『ボニュ(bonnieu)』。 本山駅から徒歩3分ほどの場所でアクセスも便利な場所。 水や空気が綺麗な豊田市小原の山間部にアトリエを構えており、そこで出来る限り国産、無農薬、有機、旬の材料を用いて作られるケーキが自慢のお店。 「Pâtisserie Sadaharu AOKI Paris」で修行したオーナーが都内での勤務を経て、この地で独立したという確かな技術も人気の秘密。 元々「bonnieux」という店 ...

ReadMore

近場(東海地区) 食べる・お茶する

#165 豊田市・西町:『EAST ENDERS COFFEE(イーストエンダーズコーヒー)』週末限定カフェで楽しめる本格派コーヒーとカフェラテ

週末限定カフェ「EAST ENDERS COFFEE」 鶴舞線(名鉄豊田線)の終点駅でもある豊田市駅から徒歩4分の場所に2020年5月2日に新しくオープンした「EAST ENDERS COFFEE」。 豊田市駅前参合館内にあったシェアコーヒースタンド「B&C space」でコーヒーを淹れていた店主が独立してオープンしたお店だ。 「EAST ENDERS COFFEE」という店名は”東の端のコーヒー屋”を意味し、名古屋から鶴舞線で東端にある豊田市と、世界の東端にある日本から、新たな文化を発信していきたい。と ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#164 熱田・伝馬町:『喫茶space(スペース)』これぞ名古屋の喫茶店!新しさと文化が融合された新名所

喫茶spaceという喫茶店 名古屋の文化でもある喫茶店。 街のいたる所に昔ながらの喫茶店が点在しており、若い人からお年寄りまで、幅広い世代に愛されながら受け入れられている。 そんな喫茶店の1つであった「珈琲あいざわ」が32年の歴史に幕を閉じると同時に、2020年6月8日に「喫茶space」がその場所に新たにオープンした。 伝馬町駅から徒歩5分ほどの場所にある、マンションの1階にあるお店。 マンションの手前にあるお店の看板。 お洒落なお店のロゴは"年数を経ても飽きず、普遍的で長く愛されるお店"にしたいという ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#163 今池・吹上:ステキ空間カフェ『Hapuna Coffee(ハプナコーヒー)』スペシャルティコーヒーとパンを楽しもう!

スペシャルティコーヒーが楽しめるカフェ『Hapuna Coffee』 2020年5月にNew Openした『Hapuna Coffee(ハプナコーヒー)』。 今池駅から徒歩5分の場所に位置し、浅煎りのスペシャルティコーヒーをメインとした本格的なコーヒーが楽しめるお店。 名古屋の有名店「TRUNK COFFEE」でコーヒーを淹れていたバリスタが独立したお店で、ドリップとエスプレッソ両方を堪能できる。 また、千種区日進通にある人気のベーカリー「製パン 雅」のパンと焼き菓子を楽しむことができるのも嬉しいポイント ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#162 金山・東別院:PORK STAND 3PIG(スリーピッグ)で味わうこだわりの絶品ローストポーク丼と豚角煮丼!

PORK STAND 3 PIGとは 金山駅から東に行った先、オープンと同時に行列ができるほど話題のお店『PORK STAND 3 PIG(スリーピッグ)』が2020年2月2日にNEW OPEN! 3pigは養豚農家、お肉屋、割烹屋の3人の三代目から生まれたお店。 「生産・加工・料理」全ての工程において3人の各プロフェッショナル達が協同することで生まれたとあって、おいしさがたっぷり詰め込まれた、ここでしか味わうことのできない味わいに仕上がっている。 提供される豚肉は、インスタグラムで生産工程を公開しており ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#160 千種区・吹上:日本茶専門店『ヤタガラス(YATAGARASU)』本格派な和カフェで味わう煎茶とアフォガート

本格的な日本茶カフェ「YATAGARASU」 2019年5月13日、吹上駅から徒歩8分の場所に本格日本茶カフェ「YATAGARASU(ヤタガラス)」がオープン! 京都にある宇治茶の郷”和束(わづか)の茶畑”にあるお茶農家から直接仕入れた、本格的な煎茶・抹茶・ほうじ茶が楽しめる和カフェ。 オーダーが入ってから丁寧に抽出する煎茶を始め、濃厚な抹茶やほうじ茶を使用したラテやアフォガートなど、日本茶好きにはたまらないメニューが詰まった素敵なお店! 店内の雰囲気 こじんまりとした店内は、カウンター3席と、テーブル席 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#135 東別院・橘:熟タルトの店『アトリエ ブリコ(atelier brico)』熟成させた果実と無添加のお菓子

熟タルトが人気の「アトリエブリコ」

名古屋・大須で人気の「珈琲ぶりこ」や「ばーぐ屋ぶりこ」の姉妹店「熟タルトの店atelier brico」。

無添加な素材にこだわって手間暇かけて作る絶品タルトで人気のアトリエブリコは、2018年5月に中区・橘でオープンした隠れ家風なお店。

伏見通りの古渡町の交差点の北側にあり、表通りに面しているものの、知らずに歩いていると通り過ぎてしまいそうな雰囲気。

しかし、そんな隠れ家感がありながらも、人気の熟タルトは夕方には売り切れてしまうことがあるほどなのだとか。

お店の雰囲気

国道19号線沿いにありながら、自然溢れる小道と可愛らしい木製の店看板が出迎えてくれる。

その小道の向こうにある白い建物がお店。

2つある白い建物の手前左側がお店の入り口です。

入り口の扉には営業日カレンダーが貼ってある。

扉を開けて一歩中に入ると、コンパクトでとっても可愛らしい雰囲気のお店!

左側には熟タルトの商品案内や見本が置いてあり、右手にはお店特製のグラノーラが置いてある。

テーブルの下には書籍やドライフラワーなどが置いてあったり、アート感ある雰囲気で、雑貨やインテリアが好きな方にオススメな空間。

タルトの見本もとってもお洒落に飾られています。

熟タルトとグラノーラ

こだわりのタルトはどれも丁寧に紹介されています。

そんなタルトの紹介の横にあったアトリエブリコさんの想いもご紹介。

atelier bricoより

「”熟タルト”とは、私たちがつくった造語です。
熟=時間や手間をかける、完熟した素材、熟成した素材、で出来たタルトです。
熟された素材を時間や手間をかけて旨味や香りを引き出したり、充分に生地をねかせたり。
そんなお菓子を作っていきます。」

強いこだわりと素敵な想いで作られるお菓子は、見るからに美味しそう。

今回テイクアウトしたのはこの4つ!

・ブルーベリー 〜アールグレイとデザートワイン〜

完熟ブルーベリーとフランス産無添加プルーンをアイスワインで漬け込んだ贅沢コンポートと、茶葉をたっぷり使用したアールグレイのダマンドで完成させた熟タルト。

見た目もとっても綺麗で、店員さんイチオシってこともあって即決!

お皿に乗せるとこんな感じ。

そして中を割ってみると・・・

中からブルーベリーのコンポートがぎっしり!とっても良い香りのアールグレイのダマンドとの相性も抜群で、上に乗っている砕いたピスタチオのアクセントもいい感じ。本当に美味しい逸品!

・燻製紅茶とプラリネチョコ〜季節限定〜

中国・福建省武夷山(ぶいざん)のふもと「星村」で生産される、松の薪で燻製した紅茶「正山小種(ラプサンスーチョン)」。

そんな独特の燻製香を持つ紅茶とミルクチョコを合わせたダマンド生地とプラリネガナッシュを包んだ熟タルト。

割ってみると中はこんな感じ。先ほどのブルーベリーと違って、ずっしりと重厚感ある作り。

一口食べると、燻製の香りが鼻に抜けて、燻製紅茶の香りで満たされる!けど、その後にプラリネガナッシュの甘みをしっかり感じるので、とっても独特な味だけどクセになる!

燻製が好きな方にはぜひ一度試してもらいたいタルト。

・ラムレーズン〜季節限定〜

ラム酒で3ヶ月以上漬け込んだ無添加レーズンをコクのあるクリームに仕上げて詰め込んでいる。ダマンド生地とクリームにそれぞれ違う種類のラム酒を加えて仕上げてあり、ふわっと広がる香りを愉しめる大人向けの熟タルト。

ホットミルク・ホットワイン・珈琲と相性が良いラムレーズンタルト。

これだけ写真を撮り忘れてしまったけど・・・とっても香り豊かなラムレーズンとクリームに、ラム酒香るダマンドも風味豊かで美味しかった!

・焙じ茶とチーズ〜熟成酒粕と共に〜

半年以上熟成させた酒粕を加えたチーズクリームを芳醇な焙じ茶ダマンドで包んだ熟タルト。

上のクリームは焙じ茶の白あん。オレンジピールと焙じ茶がお洒落に飾られてる。

中は熟成酒粕入りのチーズクリーム。芳醇なクリームは口当たり良いコクのある味わいでとっても美味しい!

焙じ茶とチーズという”和と洋”が融合したタルトだが、違和感なく見事に混ざり合っていてとっても面白い味でした。

この他にも気になるタルトが色々あるので、また今度試してみたいと思います。

・グラノーラ

様々なフレーバーが並ぶatelier brico自家製のグラノーラ。

50gの小さい袋と150gの大きい袋の2種類があり、写真の小倉トーストとアールグレイの他にも抹茶、ほうじ茶、オリジナル、UMAMI、旬のフルーツの7種類のフレーバーから選べる。

atelier bricoより

惜しまれながらも閉店してしまった「BRICOLAGE」でも販売していたグラノーラ。ここのオープンに合わせて種類を7種類に増やし、パッケージもリニューアルしたのだとか。

手間暇かけて作る丁寧なお菓子

お値段はややお高めな熟タルト。しかし、無添加で上質な素材を厳選し、タルト一つ一つも手間暇かけて丁寧に作られていることがしっかり伝わってくる味でした。

旬の食材を使用し、余分な甘みは加えず、果物本来の甘みを追熟させて作り出すほどの手の込みよう。

人気のタルトは早くに売り切れてしまうこともあるみたいなので、どうしても食べたい方は店頭にて予約・取り置きをお願いすることも可能なのだとか。

自分へのご褒美・少し洒落た手土産などにピッタリの熟タルト!ぜひお試しください。

 

熟タルトの店atelier brico(アトリエ ブリコ)

住所:名古屋市中区橘2-1-24-2
営業時間:11:00~16:00
定休日:木曜日+月2日不定休
WEB:Facebookページを見る食べログを見る

営業時間・定休日などは変更する可能性もあるので、公式ページ等で確認してみてください。

スポンサーリンク

-名古屋歩き, 食べる・お茶する
-, , , ,

© 2020 ナゴヒト Powered by AFFINGER5