名古屋歩き 食べる・お茶する

#157 名古屋・栄生:おいしいコーヒーとパン『LOGIC(ロジック)』則武新町にオープンした名駅エリアのこだわりカフェ

ノリタケの森そばのこだわりカフェ「LOGIC」 2019年4月にオープンしたばかりのカフェ「LOGIC(ロジック)」は、本格的なエスプレッソとドリップコーヒー両方を楽しむことができるお店。 名鉄栄生駅と東山線亀島駅の中間くらいにあり、どちらからも6,7分ほどの距離。いつもお邪魔する際は名古屋駅から歩いてるけど、大体15分くらいで着けます! お店は名駅通の大通り沿いに面した場所で、歩いていけばすぐにわかるはず! お店の雰囲気 白と黒を基調とした外観が目印!まるでヨーロッパに来てるようなお洒落な外観。 店内は ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#156 今池:本格派グルメバーガー『BURGERS REPUBLIC(バーガーズ リパブリック)』名古屋のハンバーガー界の新名所!

名古屋ハンバーガー界の新名所「BURGERS REPUBLIC」 名古屋を代表するハンバーガー店「LAYER’S」と「WAVES」で12年間ハンバーガーを作り続けてきた店主が2019年6月27日、今池駅にこだわり満載のハンバーガーが食べれるお店をオープン! 今池駅7番出口から歩いて100mほどの場所で、向かい側には今池で有名な「うどんや太門」があるところ。 使用する食材をはじめ、自家製のバンズやソースなど、店主のハンバーガーに対するこだわりを思う存分詰め込んだハンバーガーが食べられるとってもステキなお店。 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#155 今池・池下:7月16日OPENのカフェ『菓酒店 jira(ジラ)』美味しいお菓子とコーヒーやお酒とおつまみカフェ

注目必須の新店舗『菓酒店 jira』が7月16日GRAND OPEN! 7月16日に今池駅と池下駅の間辺り、仲田二丁目に新しくOPENする「菓酒店 jira」。 店主は名古屋の有名カフェ"KANNON BAKE"(現 KANNON COFFEE本山店)で絶大な信頼のもと腕を振るっていた実力者。絶品スイーツと本格派コーヒーに加え、お酒や時々つまみが楽しめるとってもステキなお店。 10日からプレオープンということで、早速お邪魔してきました! お店の雰囲気 大通り沿いにあるお店は、古民家を改装して造られたレトロ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#154 御器所:うどん好きが集まる名店『手打ちうどん うえだ』絶品のモチモチうどんとサクサクとり天!

「手打ちうどん うえだ」の魅力 数多くのうどん好きが通う「手打ちうどん うえだ」は2013年2月創業の人気うどん店。 昭和区・御器所駅から徒歩1分の好立地で、連日行列ができている。 人気の秘密は、うえだ自慢の手打ちうどん!常に”切りたて・茹でたて”を提供する大将のこだわりは、注文が入ってから茹でる分だけのうどんを切って茹でるという丁寧さ! そんな名古屋を代表する手打ちうどん店のひとつ「手打ちうどん うえだ」へ行ってきました。 お店に到着! 御器所駅7番出口を出てすぐの場所にあるお店。 お店は綺麗でシンプル ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#153 コンビニで見つけた新ポテチ!「うにまみれ味」あと味がまるでウニのような贅沢な味!

うに味のポテトチップが発売! 2019年5月13日から全国のコンビニで先行販売している新ポテトチップス「うにまみれ味」。 わさビーフで有名な山芳製菓の新商品で、贅沢なウニの風味を手軽に楽しめるポテトチップスを目指して開発したのだとか。 ”うにせん”のようなウニの豊かな風味が味わえつつ、上品さのある味わいに仕上げ、オイルスラリー製法により味わい深いウニのおいしさを表現し、ウニのタレが掛かったような見た目にもこだわって作った一品とのこと。 食べた人達が「想像以上にウニ!」「ウニ味じゃない、ウニだ!」「まるでウ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#152 池下:コーヒー通が薦める名古屋の名店!『ペギー珈琲店(PEGGY COFFEE)』老舗の自家焙煎コーヒー

老舗の自家焙煎カフェ「ペギー珈琲店(PEGGY COFFEE)」 池下駅から徒歩10分ほどの場所にある老舗のコーヒー店「ペギー珈琲店(PEGGY COFFEE)」。 1981年創業の老舗の自家焙煎珈琲豆店「ペギー珈琲店」は、喫茶店大国の名古屋でも当時4店舗しかなかった自家焙煎コーヒーを提供していた本格派珈琲店として創業当時からコーヒー通に愛されていたお店。 2017年7月にリニューアルして、お店の雰囲気が開放感溢れる綺麗でスタイリッシュな店舗に生まれ変わる。 古くからお店へ足繁く通う人の中には、今までのお ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#151 金山:名古屋でタイに旅行気分!『東桜パクチー(ひがしさくら)』本場仕込みのタイ食堂

タイ人が作る本場タイ料理の食堂「東桜パクチー」 東区・東桜に1号店がある「東桜パクチー」の3号店があるのは金山駅から徒歩4分ほどの場所。 「毎日通えるタイ食堂」をコンセプトに、エスニック料理好きな方の心を惹きつける人気のタイ料理店。 元々は京都の「タイキッチンパクチー」というお店のフランチャイズ店として2013年にオープンしたお店で、99%の装飾品をタイから仕入れて作る店内は一瞬でタイに旅行へ来た気分にさせてくれます。 お店の雰囲気 タイ語や現地の装飾品が飾られるお店の入り口はこんな感じ。 食べログより ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#150 総合リハビリセンター:求味一心の絶品蕎麦!『安江(やすえ)瑞穂店』引きたて・打ちたての本物志向の逸品

老舗のおいしい蕎麦を楽しむ「安江」 瑞穂区、陽明小学校や名古屋市立大学薬学部キャンパスの近くにある「安江」。 昭和40年代から続く老舗の蕎麦屋は、”そばの命は茹であげ3分”というおいしさへのこだわりを追求し、常に「引きたて」「打ちたて」「茹でたて」を提供してくれるお店。 そんなお店の自慢の一品は、地元・岡崎の蕎麦農家と二人三脚で研究を重ねた蕎麦の風味が思い切り楽しめる「粗挽き生粉打ち」は、自慢の蕎麦の実を丸ごと粉にした十割蕎麦。 その他にも本格的な精進料理を食べることができるなど、普段目にすることのないメ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#149 大須観音・東別院:名古屋で味わうスペシャルティコーヒー『ヤマコーヒー(yama coffee)』こだわりの自家焙煎コーヒーと自然溢れるカフェ

おいしいが揃うカフェ「yama coffee」 中区・松原にある本格的なスペシャルティコーヒーを味わえる「yama coffee」。 大須観音駅から南に650mほどの場所にある、おいしい”コーヒー”と”サンドイッチ”と”デザート”全部食べたい!という願いを叶えてくれる欲張りさんにオススメのカフェ! アレもコレも・・・おいしいものを少しずつ。そんなワガママな想いをカタチにするためにオーナーが始めたお店。 そのため、お店で提供されるドリンク・フード・デザートメニューはどれもオーナーのこだわりが詰まったメニュー ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#148 中川区・伏屋:名古屋のコーヒー専門店『ジムランコーヒー(JIMLAN COFFEE)』コーヒー通が絶賛するカフェ

コーヒー専門店「JIMLAN COFFEE」 中川区の伏屋駅から1.5kmほどの場所にあるスペシャルティコーヒーを扱うコーヒー専門店「JIMLAN COFFEE」。 世界の農園から集めた良質な生豆を丁寧に焙煎し、適度にエイジングさせて豆の状態を調整したものを適切に挽き、じっくりと抽出したコーヒーをステキなカップに注いでくれるコーヒー通が絶賛するお店。 ジャズ喫茶を思い出すような、お洒落なレコードと音響設備が揃っており、広々とした空間でコーヒーの香りと音楽を楽しみながら、至福のひとときを過ごすことができる。 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#135 東別院・橘:熟タルトの店『アトリエ ブリコ(atelier brico)』熟成させた果実と無添加のお菓子

更新日:

熟タルトが人気の「アトリエブリコ」

名古屋・大須で人気の「珈琲ぶりこ」や「ばーぐ屋ぶりこ」の姉妹店「熟タルトの店atelier brico」。

無添加な素材にこだわって手間暇かけて作る絶品タルトで人気のアトリエブリコは、2018年5月に中区・橘でオープンした隠れ家風なお店。

伏見通りの古渡町の交差点の北側にあり、表通りに面しているものの、知らずに歩いていると通り過ぎてしまいそうな雰囲気。

しかし、そんな隠れ家感がありながらも、人気の熟タルトは夕方には売り切れてしまうことがあるほどなのだとか。

お店の雰囲気

国道19号線沿いにありながら、自然溢れる小道と可愛らしい木製の店看板が出迎えてくれる。

その小道の向こうにある白い建物がお店。

2つある白い建物の手前左側がお店の入り口です。

入り口の扉には営業日カレンダーが貼ってある。

扉を開けて一歩中に入ると、コンパクトでとっても可愛らしい雰囲気のお店!

左側には熟タルトの商品案内や見本が置いてあり、右手にはお店特製のグラノーラが置いてある。

テーブルの下には書籍やドライフラワーなどが置いてあったり、アート感ある雰囲気で、雑貨やインテリアが好きな方にオススメな空間。

タルトの見本もとってもお洒落に飾られています。

熟タルトとグラノーラ

こだわりのタルトはどれも丁寧に紹介されています。

そんなタルトの紹介の横にあったアトリエブリコさんの想いもご紹介。

atelier bricoより

「”熟タルト”とは、私たちがつくった造語です。
熟=時間や手間をかける、完熟した素材、熟成した素材、で出来たタルトです。
熟された素材を時間や手間をかけて旨味や香りを引き出したり、充分に生地をねかせたり。
そんなお菓子を作っていきます。」

強いこだわりと素敵な想いで作られるお菓子は、見るからに美味しそう。

今回テイクアウトしたのはこの4つ!

・ブルーベリー 〜アールグレイとデザートワイン〜

完熟ブルーベリーとフランス産無添加プルーンをアイスワインで漬け込んだ贅沢コンポートと、茶葉をたっぷり使用したアールグレイのダマンドで完成させた熟タルト。

見た目もとっても綺麗で、店員さんイチオシってこともあって即決!

お皿に乗せるとこんな感じ。

そして中を割ってみると・・・

中からブルーベリーのコンポートがぎっしり!とっても良い香りのアールグレイのダマンドとの相性も抜群で、上に乗っている砕いたピスタチオのアクセントもいい感じ。本当に美味しい逸品!

・燻製紅茶とプラリネチョコ〜季節限定〜

中国・福建省武夷山(ぶいざん)のふもと「星村」で生産される、松の薪で燻製した紅茶「正山小種(ラプサンスーチョン)」。

そんな独特の燻製香を持つ紅茶とミルクチョコを合わせたダマンド生地とプラリネガナッシュを包んだ熟タルト。

割ってみると中はこんな感じ。先ほどのブルーベリーと違って、ずっしりと重厚感ある作り。

一口食べると、燻製の香りが鼻に抜けて、燻製紅茶の香りで満たされる!けど、その後にプラリネガナッシュの甘みをしっかり感じるので、とっても独特な味だけどクセになる!

燻製が好きな方にはぜひ一度試してもらいたいタルト。

・ラムレーズン〜季節限定〜

ラム酒で3ヶ月以上漬け込んだ無添加レーズンをコクのあるクリームに仕上げて詰め込んでいる。ダマンド生地とクリームにそれぞれ違う種類のラム酒を加えて仕上げてあり、ふわっと広がる香りを愉しめる大人向けの熟タルト。

ホットミルク・ホットワイン・珈琲と相性が良いラムレーズンタルト。

これだけ写真を撮り忘れてしまったけど・・・とっても香り豊かなラムレーズンとクリームに、ラム酒香るダマンドも風味豊かで美味しかった!

・焙じ茶とチーズ〜熟成酒粕と共に〜

半年以上熟成させた酒粕を加えたチーズクリームを芳醇な焙じ茶ダマンドで包んだ熟タルト。

上のクリームは焙じ茶の白あん。オレンジピールと焙じ茶がお洒落に飾られてる。

中は熟成酒粕入りのチーズクリーム。芳醇なクリームは口当たり良いコクのある味わいでとっても美味しい!

焙じ茶とチーズという”和と洋”が融合したタルトだが、違和感なく見事に混ざり合っていてとっても面白い味でした。

この他にも気になるタルトが色々あるので、また今度試してみたいと思います。

・グラノーラ

様々なフレーバーが並ぶatelier brico自家製のグラノーラ。

50gの小さい袋と150gの大きい袋の2種類があり、写真の小倉トーストとアールグレイの他にも抹茶、ほうじ茶、オリジナル、UMAMI、旬のフルーツの7種類のフレーバーから選べる。

atelier bricoより

惜しまれながらも閉店してしまった「BRICOLAGE」でも販売していたグラノーラ。ここのオープンに合わせて種類を7種類に増やし、パッケージもリニューアルしたのだとか。

手間暇かけて作る丁寧なお菓子

お値段はややお高めな熟タルト。しかし、無添加で上質な素材を厳選し、タルト一つ一つも手間暇かけて丁寧に作られていることがしっかり伝わってくる味でした。

旬の食材を使用し、余分な甘みは加えず、果物本来の甘みを追熟させて作り出すほどの手の込みよう。

人気のタルトは早くに売り切れてしまうこともあるみたいなので、どうしても食べたい方は店頭にて予約・取り置きをお願いすることも可能なのだとか。

自分へのご褒美・少し洒落た手土産などにピッタリの熟タルト!ぜひお試しください。

 

熟タルトの店atelier brico(アトリエ ブリコ)

住所:名古屋市中区橘2-1-24-2
営業時間:11:00~16:00
定休日:木曜日+月2日不定休
WEB:Facebookページを見る食べログを見る

営業時間・定休日などは変更する可能性もあるので、公式ページ等で確認してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-名古屋歩き, 食べる・お茶する
-, , , ,

Copyright© ナゴヒト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.