名古屋歩き 食べる・お茶する

#170 栄・久屋大通:名古屋に上陸した『Fab Cafe Nagoya(ファブカフェ)』の魅力@RAYARD Hisaya-odori Park

FabCafeとは 名古屋・栄の新名所「RAYARD Hisaya-odori Park(久屋大通パーク)」。テレビ塔下に広がる全長およそ1kmほどの公園が再開発され、公園の新しい価値を提供すべく魅力的な空間とショップ・レストランがオープン。 その中でも個人的に楽しみにしていたお店「FabCafe Nagoya」は、2012年に渋谷にオープンして以来、現在世界8カ国と11拠点にグローバル展開している「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な・素晴らしい)」をコンセプトにした、カフ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#169 池下・覚王山:絶品のパン屋『製パン 雅』グルメな人も納得する名古屋の名店

製パン 雅とは 2018年10月にオープンした千種区日進通にあるパン屋『製パン 雅』。 軽井沢の有名な「ベーカリー&レストラン 沢村」でおよそ7年間修行を積んだパン職人がオープンしたお店。 沢村のレシピをオリジナルにアレンジして作られるパンはどれも絶品なモノばかり! こじんまりとしたお店ながら、店内にはズラリとパンが並んでおり、来る者を魅了します。 お店の雰囲気 落ち着いた雰囲気の外観は、高級住宅街の景観に溶け込んだ雰囲気。 中に入ると、おいしそうなパンの匂いが漂うこじんまりとしたお店で、ショーケースには ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#168 矢場町:注目必須のコーヒースタンド『doubletall into cafe(ダブルトールイントゥカフェ)』名古屋の老舗カフェ2号店!

doubletall into cafeとは 2020年9月1日、名古屋の人気老舗カフェ「doubletall cafe nagoya」の2号店『doubletall into cafe』が矢場町にオープン! 注目必須の2号店は、若宮大通り沿い、矢場町交差点からすぐの場所。交差点の角にあるフレッシュネスバーガーの隣です。 こだわりのコーヒーはそのままに、ダブルトールカフェの味を手軽に楽しめるコーヒースタンド形式のお店は、日本最古のバリスタと呼ばれる近藤マスターが、自身のコーヒーへの想いを詰め込んだ新しいカ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#167 上前津・矢場町:名古屋の老舗カフェ『double tall cafe(ダブルトールカフェ名古屋)』洗練された空間と素材にこだわったメニュー

double tall cafeとは 1994年に八事の山の手通りにオープンした「double tall cafe」。 空輸してアメリカから取り寄せていた自慢のコーヒー豆と、日本最古のバリスタと呼ばれるマスターが淹れるコーヒーを求め、本物志向の人に人気を博した先進的なお店。 その後、東京に店舗を展開していきながら「double tall cafe」は成長を続けるが、名古屋店は閉店となる。 しかし、時を経て「double tall cafe名古屋」の顧客がオーナーとなり2017年11月に上前津で再オープンを ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#166 本山:『ボニュ(bonnieu)』トレズ本山で味わう上質な素材のバスクチーズケーキとハーブティー

ボニュ(bonnieu) 2020年6月20日にオープンした『XIII(トレズ)』の3階にあるカフェ『ボニュ(bonnieu)』。 本山駅から徒歩3分ほどの場所でアクセスも便利な場所。 水や空気が綺麗な豊田市小原の山間部にアトリエを構えており、そこで出来る限り国産、無農薬、有機、旬の材料を用いて作られるケーキが自慢のお店。 「Pâtisserie Sadaharu AOKI Paris」で修行したオーナーが都内での勤務を経て、この地で独立したという確かな技術も人気の秘密。 元々「bonnieux」という店 ...

ReadMore

近場(東海地区) 食べる・お茶する

#165 豊田市・西町:『EAST ENDERS COFFEE(イーストエンダーズコーヒー)』週末限定カフェで楽しめる本格派コーヒーとカフェラテ

週末限定カフェ「EAST ENDERS COFFEE」 鶴舞線(名鉄豊田線)の終点駅でもある豊田市駅から徒歩4分の場所に2020年5月2日に新しくオープンした「EAST ENDERS COFFEE」。 豊田市駅前参合館内にあったシェアコーヒースタンド「B&C space」でコーヒーを淹れていた店主が独立してオープンしたお店だ。 「EAST ENDERS COFFEE」という店名は”東の端のコーヒー屋”を意味し、名古屋から鶴舞線で東端にある豊田市と、世界の東端にある日本から、新たな文化を発信していきたい。と ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#164 熱田・伝馬町:『喫茶space(スペース)』これぞ名古屋の喫茶店!新しさと文化が融合された新名所

喫茶spaceという喫茶店 名古屋の文化でもある喫茶店。 街のいたる所に昔ながらの喫茶店が点在しており、若い人からお年寄りまで、幅広い世代に愛されながら受け入れられている。 そんな喫茶店の1つであった「珈琲あいざわ」が32年の歴史に幕を閉じると同時に、2020年6月8日に「喫茶space」がその場所に新たにオープンした。 伝馬町駅から徒歩5分ほどの場所にある、マンションの1階にあるお店。 マンションの手前にあるお店の看板。 お洒落なお店のロゴは"年数を経ても飽きず、普遍的で長く愛されるお店"にしたいという ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#163 今池・吹上:ステキ空間カフェ『Hapuna Coffee(ハプナコーヒー)』スペシャルティコーヒーとパンを楽しもう!

スペシャルティコーヒーが楽しめるカフェ『Hapuna Coffee』 2020年5月にNew Openした『Hapuna Coffee(ハプナコーヒー)』。 今池駅から徒歩5分の場所に位置し、浅煎りのスペシャルティコーヒーをメインとした本格的なコーヒーが楽しめるお店。 名古屋の有名店「TRUNK COFFEE」でコーヒーを淹れていたバリスタが独立したお店で、ドリップとエスプレッソ両方を堪能できる。 また、千種区日進通にある人気のベーカリー「製パン 雅」のパンと焼き菓子を楽しむことができるのも嬉しいポイント ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#162 金山・東別院:PORK STAND 3PIG(スリーピッグ)で味わうこだわりの絶品ローストポーク丼と豚角煮丼!

PORK STAND 3 PIGとは 金山駅から東に行った先、オープンと同時に行列ができるほど話題のお店『PORK STAND 3 PIG(スリーピッグ)』が2020年2月2日にNEW OPEN! 3pigは養豚農家、お肉屋、割烹屋の3人の三代目から生まれたお店。 「生産・加工・料理」全ての工程において3人の各プロフェッショナル達が協同することで生まれたとあって、おいしさがたっぷり詰め込まれた、ここでしか味わうことのできない味わいに仕上がっている。 提供される豚肉は、インスタグラムで生産工程を公開しており ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#160 千種区・吹上:日本茶専門店『ヤタガラス(YATAGARASU)』本格派な和カフェで味わう煎茶とアフォガート

本格的な日本茶カフェ「YATAGARASU」 2019年5月13日、吹上駅から徒歩8分の場所に本格日本茶カフェ「YATAGARASU(ヤタガラス)」がオープン! 京都にある宇治茶の郷”和束(わづか)の茶畑”にあるお茶農家から直接仕入れた、本格的な煎茶・抹茶・ほうじ茶が楽しめる和カフェ。 オーダーが入ってから丁寧に抽出する煎茶を始め、濃厚な抹茶やほうじ茶を使用したラテやアフォガートなど、日本茶好きにはたまらないメニューが詰まった素敵なお店! 店内の雰囲気 こじんまりとした店内は、カウンター3席と、テーブル席 ...

ReadMore

近場(東海地区) 食べる・お茶する

#165 豊田市・西町:『EAST ENDERS COFFEE(イーストエンダーズコーヒー)』週末限定カフェで楽しめる本格派コーヒーとカフェラテ

週末限定カフェ「EAST ENDERS COFFEE」

鶴舞線(名鉄豊田線)の終点駅でもある豊田市駅から徒歩4分の場所に2020年5月2日に新しくオープンした「EAST ENDERS COFFEE」。

豊田市駅前参合館内にあったシェアコーヒースタンド「B&C space」でコーヒーを淹れていた店主が独立してオープンしたお店だ。

「EAST ENDERS COFFEE」という店名は”東の端のコーヒー屋”を意味し、名古屋から鶴舞線で東端にある豊田市と、世界の東端にある日本から、新たな文化を発信していきたい。という想いから付けられているのだそう。

本・バイク・車・コーヒーを愛する店主が、好きを詰め込んで造ったこだわり満載のお店。

店内の雰囲気

コンクリートと白を基調とした店内は、シンプルながら洗練された空間。

壁側にベンチとテーブルがあるため、広々とした空間でゆったりと気軽にコーヒーを楽しむことができる設計。

机と椅子が並んでいないため圧迫感がなく、好きな場所に腰掛けることができるので、自由度が高く心地よい。個人的にとても好きなお店の形。

カウンターにはドリッパーやケトルにエスプレッソマシーン。そして、天井には洒落たアメリカンアンティークの照明とスポットライト。どこを見渡しても統一感のある綺麗な空間。

壁に飾られている絵も、車好き以外の人が見ても思わず可愛いと言ってしまうような愛くるしさのある素敵な絵。

本格的なコーヒーメニュー

ドリップ・サイフォン・エスプレッソを楽しむことができ、どのコーヒーもシングルオリジンのスペシャルティコーヒーを使用した本格派も満足できる内容。

名古屋で有名なロースター「note coffee house」から仕入れた豆を使用しており、ドリップでは4種類の豆から好きなものを選ぶことができる。

中煎り3種類と深煎り1種類から選ぶことができるため、フルーティーなコーヒーを楽しみたい方から、しっかりとした苦味も楽しみたい方まで楽しめる内容。

その日の気分に合わせて好きなコーヒーを選べるのは嬉しいポイント。

ドリッパーはコーヒーの世界大会「ワールド・ブリュワーズ・カップ」の優勝者や、日本大会の優勝者も使用していた「ORIGAMIドリッパー」。雑味や苦味を抑え、より豊かなフレーバーと酸味を出すことができると言われている。

エスプレッソマシンもバリスタ世界大会で幾度となく使用されたイタリアの老舗エスプレッソマシンメーカー「nuova simonelli社」のもの。

ラテメニューは、ミルクを豆乳やアーモンドミルクに変更することもできるため、牛乳を摂取したくない人でも心配なし。

おうちで気軽に飲めないメニューが楽しめる、外コーヒーならではの楽しみが詰まったメニューだ。

早速飲んでみた

今日はカフェラテ(HOT)をオーダー。

ミルクとエスプレッソの合わさりがちょうどよく、優しく飲みやすい味わいでとてもおいしかった!

ちなみにパートナーが飲んでいたのはカフェラテ(ICE)。

アイスラテも飲みやすくておいしい!とのことで一口もらって飲んだけど、個人的にもすごく好きな味!

そして、地味に感動したのがこの飲みやすい蓋(トラベラーリット)!

丸みと高さがあり、口につけた時に角が当たることがないため、口当たりが最高に良い。また、高さがあるためか、出てくる量をコントロールしやすくヤケドもしにくい感じがした。

テイクアウトカップで飲む時のストレスを完全になくしてくれるアイテム!

bean to bar chocolate

お店で取り扱っているチョコレートもこだわりの一品。

「alfer chocolate」という岡山県のクラフトマンが「”人の手によって洗練されたものづくり”最高のものづくりから最高のチョコレートへ」というコンセプトで作っているbean to bar chocolate。

カカオ豆からチョコレートになるまでを一貫して製造しており、素材はカカオ豆と砂糖のみのシンプルなチョコレート。雑味となるカカオ豆の皮や胚芽は職人が全て一粒ずつ手作業で取り除いているというこだわり。

コーヒー豆と同じようにカカオ豆の産地ごとで味の違いを楽しめるシングルオリジンのチョコレート。Bean to barなどの本格的なチョコレートが好きな方も、普段は市販のチョコレートを食べるけど違った楽しみ方を体験してみたいという方にもオススメの一品。

今回はアフリカのトーゴ産のカカオ豆を使ったチョコレートを購入してみた。チョコレート好きな母へのお土産として買ったけど、自分でも食べたくなってきた。

まとめ

おいしいコーヒー、洗練された空間、bean to bar、こだわりのたっぷり詰まった週末限定のカフェはとても素敵な場所!

西町はおいしいカレー屋やパン屋など、良いお店が集まっている場所なので、近くに行く機会のある方はぜひ一度寄ってみてください。

 

EAST ENDERS COFFEE 

住所:愛知県豊田市西町2丁目33−1
営業時間:9:30〜17:00
営業日:土・日
WEB:Instagram

営業時間・定休日などは変更する可能性もあるので、公式ページ等で確認してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-近場(東海地区), 食べる・お茶する
-,

© 2020 ナゴヒト Powered by AFFINGER5