名古屋歩き 食べる・お茶する

#170 栄・久屋大通:名古屋に上陸した『Fab Cafe Nagoya(ファブカフェ)』の魅力@RAYARD Hisaya-odori Park

FabCafeとは 名古屋・栄の新名所「RAYARD Hisaya-odori Park(久屋大通パーク)」。テレビ塔下に広がる全長およそ1kmほどの公園が再開発され、公園の新しい価値を提供すべく魅力的な空間とショップ・レストランがオープン。 その中でも個人的に楽しみにしていたお店「FabCafe Nagoya」は、2012年に渋谷にオープンして以来、現在世界8カ国と11拠点にグローバル展開している「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な・素晴らしい)」をコンセプトにした、カフ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#169 池下・覚王山:絶品のパン屋『製パン 雅』グルメな人も納得する名古屋の名店

製パン 雅とは 2018年10月にオープンした千種区日進通にあるパン屋『製パン 雅』。 軽井沢の有名な「ベーカリー&レストラン 沢村」でおよそ7年間修行を積んだパン職人がオープンしたお店。 沢村のレシピをオリジナルにアレンジして作られるパンはどれも絶品なモノばかり! こじんまりとしたお店ながら、店内にはズラリとパンが並んでおり、来る者を魅了します。 お店の雰囲気 落ち着いた雰囲気の外観は、高級住宅街の景観に溶け込んだ雰囲気。 中に入ると、おいしそうなパンの匂いが漂うこじんまりとしたお店で、ショーケースには ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#168 矢場町:注目必須のコーヒースタンド『doubletall into cafe(ダブルトールイントゥカフェ)』名古屋の老舗カフェ2号店!

doubletall into cafeとは 2020年9月1日、名古屋の人気老舗カフェ「doubletall cafe nagoya」の2号店『doubletall into cafe』が矢場町にオープン! 注目必須の2号店は、若宮大通り沿い、矢場町交差点からすぐの場所。交差点の角にあるフレッシュネスバーガーの隣です。 こだわりのコーヒーはそのままに、ダブルトールカフェの味を手軽に楽しめるコーヒースタンド形式のお店は、日本最古のバリスタと呼ばれる近藤マスターが、自身のコーヒーへの想いを詰め込んだ新しいカ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#167 上前津・矢場町:名古屋の老舗カフェ『double tall cafe(ダブルトールカフェ名古屋)』洗練された空間と素材にこだわったメニュー

double tall cafeとは 1994年に八事の山の手通りにオープンした「double tall cafe」。 空輸してアメリカから取り寄せていた自慢のコーヒー豆と、日本最古のバリスタと呼ばれるマスターが淹れるコーヒーを求め、本物志向の人に人気を博した先進的なお店。 その後、東京に店舗を展開していきながら「double tall cafe」は成長を続けるが、名古屋店は閉店となる。 しかし、時を経て「double tall cafe名古屋」の顧客がオーナーとなり2017年11月に上前津で再オープンを ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#166 本山:『ボニュ(bonnieu)』トレズ本山で味わう上質な素材のバスクチーズケーキとハーブティー

ボニュ(bonnieu) 2020年6月20日にオープンした『XIII(トレズ)』の3階にあるカフェ『ボニュ(bonnieu)』。 本山駅から徒歩3分ほどの場所でアクセスも便利な場所。 水や空気が綺麗な豊田市小原の山間部にアトリエを構えており、そこで出来る限り国産、無農薬、有機、旬の材料を用いて作られるケーキが自慢のお店。 「Pâtisserie Sadaharu AOKI Paris」で修行したオーナーが都内での勤務を経て、この地で独立したという確かな技術も人気の秘密。 元々「bonnieux」という店 ...

ReadMore

近場(東海地区) 食べる・お茶する

#165 豊田市・西町:『EAST ENDERS COFFEE(イーストエンダーズコーヒー)』週末限定カフェで楽しめる本格派コーヒーとカフェラテ

週末限定カフェ「EAST ENDERS COFFEE」 鶴舞線(名鉄豊田線)の終点駅でもある豊田市駅から徒歩4分の場所に2020年5月2日に新しくオープンした「EAST ENDERS COFFEE」。 豊田市駅前参合館内にあったシェアコーヒースタンド「B&C space」でコーヒーを淹れていた店主が独立してオープンしたお店だ。 「EAST ENDERS COFFEE」という店名は”東の端のコーヒー屋”を意味し、名古屋から鶴舞線で東端にある豊田市と、世界の東端にある日本から、新たな文化を発信していきたい。と ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#164 熱田・伝馬町:『喫茶space(スペース)』これぞ名古屋の喫茶店!新しさと文化が融合された新名所

喫茶spaceという喫茶店 名古屋の文化でもある喫茶店。 街のいたる所に昔ながらの喫茶店が点在しており、若い人からお年寄りまで、幅広い世代に愛されながら受け入れられている。 そんな喫茶店の1つであった「珈琲あいざわ」が32年の歴史に幕を閉じると同時に、2020年6月8日に「喫茶space」がその場所に新たにオープンした。 伝馬町駅から徒歩5分ほどの場所にある、マンションの1階にあるお店。 マンションの手前にあるお店の看板。 お洒落なお店のロゴは"年数を経ても飽きず、普遍的で長く愛されるお店"にしたいという ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#163 今池・吹上:ステキ空間カフェ『Hapuna Coffee(ハプナコーヒー)』スペシャルティコーヒーとパンを楽しもう!

スペシャルティコーヒーが楽しめるカフェ『Hapuna Coffee』 2020年5月にNew Openした『Hapuna Coffee(ハプナコーヒー)』。 今池駅から徒歩5分の場所に位置し、浅煎りのスペシャルティコーヒーをメインとした本格的なコーヒーが楽しめるお店。 名古屋の有名店「TRUNK COFFEE」でコーヒーを淹れていたバリスタが独立したお店で、ドリップとエスプレッソ両方を堪能できる。 また、千種区日進通にある人気のベーカリー「製パン 雅」のパンと焼き菓子を楽しむことができるのも嬉しいポイント ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#162 金山・東別院:PORK STAND 3PIG(スリーピッグ)で味わうこだわりの絶品ローストポーク丼と豚角煮丼!

PORK STAND 3 PIGとは 金山駅から東に行った先、オープンと同時に行列ができるほど話題のお店『PORK STAND 3 PIG(スリーピッグ)』が2020年2月2日にNEW OPEN! 3pigは養豚農家、お肉屋、割烹屋の3人の三代目から生まれたお店。 「生産・加工・料理」全ての工程において3人の各プロフェッショナル達が協同することで生まれたとあって、おいしさがたっぷり詰め込まれた、ここでしか味わうことのできない味わいに仕上がっている。 提供される豚肉は、インスタグラムで生産工程を公開しており ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#160 千種区・吹上:日本茶専門店『ヤタガラス(YATAGARASU)』本格派な和カフェで味わう煎茶とアフォガート

本格的な日本茶カフェ「YATAGARASU」 2019年5月13日、吹上駅から徒歩8分の場所に本格日本茶カフェ「YATAGARASU(ヤタガラス)」がオープン! 京都にある宇治茶の郷”和束(わづか)の茶畑”にあるお茶農家から直接仕入れた、本格的な煎茶・抹茶・ほうじ茶が楽しめる和カフェ。 オーダーが入ってから丁寧に抽出する煎茶を始め、濃厚な抹茶やほうじ茶を使用したラテやアフォガートなど、日本茶好きにはたまらないメニューが詰まった素敵なお店! 店内の雰囲気 こじんまりとした店内は、カウンター3席と、テーブル席 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#109 金山:名古屋上陸!『OVERCOFFEE and Espresso(オーバーコーヒー)』津島の人気カフェ“おいしいコーヒーとお菓子”

OVERCOFFEE and Espressoとは

2018年11月30日、津島で人気のコーヒー店「OVERCOFFEE」の2号店が金山駅そばにオープン!

一宮のBASE COFFEEをはじめ、人気ロースターで仕入れたOVERCOFFEE厳選のスペシャリティコーヒーを楽しめるお店だ。

金山駅南口から徒歩3分ほどの好立地(トヨタレンタカーの裏側)で、津島のドリップスタイルではなく本格的なマシンを使ったエスプレッソを楽しめる「OVERCOFFEE and Espresso」。お洒落な店内と本格的なエスプレッソやラテが売りの人気上昇中のカフェ。

金山駅で本格的なコーヒーが飲める場所って今までなかったから、すごく嬉しい。

さらに夜の23時まで営業しているので、夜ご飯を食べた後にコーヒーが飲みたい!って時にコンビニコーヒーで我慢してた方にも朗報です!

店内の雰囲気

2階にある店舗は外の階段を登り、お店に入るスタイル。

パッと見で入り口が分かりづらい隠れ家的な雰囲気。

しかし一歩店内に入ると、とてもお洒落な可愛らしい雰囲気のお店。

さらに、店主がとってもフレンドリーで、とにかく気さくに話しかけてくれるので、入り口のひっそりとした雰囲気を一瞬で忘れてしまうほどの居心地の良さ!

会話をしたくない方には空気を察して無言で対応もしてくれるそうです。笑

オーバーコーヒー のメニュー

OVERCOFFEE and Espressoのメニューはこんな感じ。

・コーヒーメニュー(エスプレッソベース)

コーヒーメニューは全て豆を選ぶことができるようになっており、メインブレンドの”Tobi-iro(鳶色)”とその他のシングルオリジン数種類が用意されている。

ブレンドかシングルオリジンかを選ぶことができ、その豆の特徴や産地が紹介されている。

シングルオリジンはその時々でメニューが変わることもあるので、新たな発見があったりもします。

・その他のドリンクメニュー

様々なコーヒーメニューの他に、クラフトビールや紅茶やジュース類もあります。

ホットドッグやデザートメニューなどもあるので、小腹が空いた時にはぜひお試ししてみてください。

・Special Syrupとは

“1883シロップ”は、フランスの工場で生産された、100%甘蔗糖(サトウキビ)のノンコレステロールシロップ。上品で芳醇な甘みと香りを楽しむことができるのだとか。

ドリンクにはこの1883シロップを足して飲めるようになっており、普段のメニューとは一味違ったおいしさを楽しむこともできる。

左から“キャラメル・チョコレート・ヘーゼルナッツ・バニラ・バラ・レモン”の6種類がある。

・お菓子メニュー

津島の人気ブーランジェリー”la-bas(ラバ)”のスコーンや名古屋のお菓子ブランド”NiSS ENTERTAINMENT”のお菓子も置いてあります。

チョコとクランベリー味があって、どちらもコーヒーのお供にピッタリ!

NiSS ENTERTAINMENTが作るフィナンシェやマドレーヌなどは、どれも厳選したこだわりの食材のみを使用しており、卵も愛知県産の純系名古屋コーチンを使っているのだとか。

そのため、卵の風味が非常に豊かでリッチな味わいに仕上がっている。

その他にもマカロンやドライフルーツやミックスナッツなどもあります。

色々なメニューを試してみた

常に店主のハルキさんが1人で営業しており、熟練の技で全てのドリンクを淹れてくれる。

コーヒーと常に携わりながら様々なお店を渡り歩いてきたベテラン店主が淹れてくれる様々なメニューを試してみた。

・カフェラテ(HOT)

OVERCOFFEE and Espressoの看板メニュー“カフェラテ”!

ブレンドで淹れてもらったが、エスプレッソとミルクが良いバランスで混ざり合って、濃厚ながらも飲みやすい味ですごくおいしい!

そして、この繊細な模様はフリーポアの技術力が素晴らしい証。上手な人が作らないと繊細な模様が出ないので、フォームミルクを注ぐだけで作るこの模様を見れば、バリスタのフリーポア技術の高さが分かる。

たまに普段と違った模様で出してくれる日もあります。

・カフェラテ(ICE)

看板メニューのカフェラテをICEで飲むとこんな感じ!

濃い甘いミルクに、濃厚なエスプレッソを上から注いだラテは、とにかく濃厚!最初に混ぜず、エスプレッソの濃い部分やミルクの濃い部分をストローで分けて飲んで、違った味を楽しむのもオススメ。

・エスプレッソシェケラート

別の日にお邪魔して注文したエスプレッソシェケラート。

泡がモコモコっとしてて、見た目がとってもお洒落!

カクテルシェーカーで淹れてくれるシェケラートは、濃厚なエスプレッソと甘さがいい具合で混ざり合っていてすごくおいしかった。

・ココア(HOT / ICE)

まろやかなミルクとココア香る優しめな味が特徴のホットココア。フォームミルクをフリーポアで注がれるココアは見た目もお洒落な一杯。

上に生クリームの乗ったアイスココア。甘さ控えめな本格派な味でおいしく仕上がってます。

・抹茶ラテ(HOT / ICE)

濃厚な抹茶に濃厚なフォームミルクを同じくフリーポアで注いで作られるHOT抹茶ラテ。ラテよりも優しくホッとする味。

同じく抹茶ラテのICE。抹茶とミルクが混ざり合い、とっても上品な甘さに仕上がっている。

・ホットミルク

とってもシンプルなホットミルク。レンジで温めるミルクと違い、マシンで温めるミルクはとっても柔らかくまろやかな仕上がりに。夜遅く、寝る前の一杯に飲みたいオーバーコーヒー で1番優しい飲み物。

・グレープ

井筒ワインの完熟コンコードをギュッと詰め込んだストレート果汁100%のブドウジュース。防腐剤や添加物を一切使用していないとっても贅沢なジュース。ブドウの甘みをすごく感じる濃厚な味わいで、とっても美味しい。

・トマト

石原農園の美味しいミニトマト”キャロルセブン”のみを使用して作られるトマトジュース。ミニトマトを絞っただけで作ったトマトジュースは、市販の物と違い喉越しが良くてフレッシュ感満載!

フレッシュで甘みが強く、とってもフルーティーなので、トマトジュースが苦手な人でも飲めてしまうほど!

・TEA(No.13レッドネクター)

"Steven Smith Teamaker"は米国紅茶界のカリスマと呼ばれたスティーブン・スミス氏が、40年にも渡る彼のお茶人生の集大成として立ち上げたフルリーフティーブランド。世界中の生産者から厳選した茶葉を使用して作られる紅茶は芸術的なブレンドは、地元ポートランドを始め全米や国外でも大人気。

写真はNo.13レッドネクターで、ルイボスティーにフルーツの香りを合わせたブレンドティー。カフェインフリーで優しい飲み心地と、香り豊かなフルーティーさが絶妙な味わい!

紅茶専門書の著書に「過去5000年に数人といない逸材」と評されるスミス氏のお茶を楽しめる貴重な場所。

・DONA CHAI(ドナチャイ)

ニューヨークで生まれたDONA CHAIは、わずか2年でNYに204店舗、アメリカ国内に500店舗以上メニューとして採用された今話題沸騰中のブランド。

お洒落なビンに入っており、ちょっとしたプレゼントにも最適。自宅でも簡単に香り豊かなチャイを楽しめる。

2016年には“bon appetit”誌のベストチャイにもセレクトされており、コールドプレスした生姜と厳選したスパイス、少量のきび砂糖と糖蜜を使用し作られるチャイは、全てブルックリンのキッチンで丁寧に抽出されたもの。

濃縮紅茶原液なので、牛乳と1:1の比率で混ぜて飲むスタイルながら、味はとっても本格的なチャイ。豊かな香りと刺激がとっても美味しい!

他のドリンクよりもワンサイズ大きい300mlで用意されるので、美味しいチャイをたっぷり楽しめます。

・エスプレッソシェイク(月・火・木曜日限定)

暑い夏にピッタリのシェイクメニューが新登場!

自慢のエスプレッソを使用するシェイクは甘さもあれど、しっかりとコーヒーを感じることができる一品!

オプションで、バニラアイスを乗せたり、ゼリーを入れたり、リキュールを入れたりもできるのだとか。

スタバでも使用されている”BLENDTEC”のパワフルなブレンダーで作るシェイクは飲み心地も良く美味しかった!

・ブールドネージュ

NiSSさんのお菓子の一つ“ブールドネージュ”。

サクッと軽い食感ながら、とってもしっかりとした味わいですごく美味しい!

使ってる素材の良さがしっかりと味に現れてるのかな。

・限定メニュー第1弾“プリン”(休止中)

同じくNiSSさんから特注で作ってもらっているプリン!純系名古屋コーチン卵やマダガスカル産のバニラビーンズを使用した固めで濃厚な味わいのプリンに、ブランデー香るホロ苦いキャラメルが絶品!

入荷数が限られており、なかなか出会うことのできない幻のメニュー。気になる方はインスタなどの情報を確認しながら入荷した直後に訪れてみてください。

・限定メニュー第2弾“バスクチーズケーキ(Tarta de queso)”

プリンが一旦休止し、ゲリラ入荷シリーズ第2弾として誕生したNiSSさんの特注メニュー”バスクチーズケーキ”!

スペイン・バスク地方のチーズケーキで、表面がこんがり焼かれていながらも、中がトロッと柔らかい。火入れの加減が絶妙で、表面の香ばしさと、中のトロッとした食感と、その間のしっとりした部分の三重奏がとにかく絶品!

試作では何十個と作り続けてこの絶妙な焼き加減を完成させたのだとか。

素材にもこだわっており、”北海道産クリームチーズ・北海道産無添加生クリーム・愛知県産純系名古屋コーチン卵・北海道産薄力粉”を贅沢に使用したケーキ。

ケーキに添えられたクリームには岩塩とピンクペッパーが添えられており、チーズケーキの甘さに良いアクセントが加わってとにかくおいしい!

・アフォガート

バニラアイスにOVERCOFFEE and Espresso自慢のエスプレッソをかけて食べるアフォガート。バニラアイスと濃厚なエスプレッソが混ざり合いとっても美味しい一品!

1883シロップが1種類選べるので、好きなフレーバーのシロップを途中でかけると、風味が変わり一味違った美味しさに変貌を遂げる。1度に2度楽しめる素敵なデザートメニューだ。

セレクトショップコーナー

店内にはお洒落な雑貨や、お店で使われるカップなどを購入できるようになっている。

店内で使われてるマグは、約400年の歴史を誇る長崎波佐見焼の”HASAMI Block Mug”

シンプルで可愛らしいデザインが人気で、お洒落なカフェや雑貨屋でたまに見かけることも。

気に入った方は店内でも購入することができるようになっている。

お洒落なタンブラーも販売しており、名古屋で有名な美容室”BUDDY HAIR”と”OVERCOFFEE”のコラボ商品になっている。

こちらは”Rivers(リバーズ)”というブランドのもので、心地よい日々のための「飲む」に着目してスタートしたブランド。

飲み心地が良く、見た目のかわいさはもちろん、ストローが使えるという気遣いや、落としても割れない安心感などの心配りが山ほど盛り込まれており、男女問わず愛用ユーザーが少なくないのだとか。

OVERCOFFEEの味を手軽に楽しめるディップスタイルコーヒーも販売されており、自宅でも飲みたい方にオススメです。

NiSSさんのお菓子のテイクアウトもできるようになってました!

お家でゆっくり味わいたい方、ちょっとしたプレゼント用、家へのお土産用などなど、ぜひこの機会にお試しください。

本格コーヒーと楽しいトークで大満足!

カウンター席で飲んでいたけど、とってもフレンドリーな店主と楽しくおしゃべりができ、とっても楽しかった!

この日も店主のトーク力で、その場にいた素敵なカップルさんとも会話を弾ませてもらいながら、素敵な時間を過ごすことができました。

オープンしてまだ間もない関わらず、すでに数多くの常連さんが存在する。1度訪れるとハマってしまう人が続出する人気のお店。

コーヒーが好きな方、お洒落な空間が好きな方、楽しくお喋りを楽しみたい方などなど、金山でお茶をしたくなったらぜひ足を運んでみてください。

 

OVERCOFFEE and Espresso(オーバーコーヒー アンド エスプレッソ)

住所:名古屋市熱田区熱田区金山町1丁目11−6加藤ビル2F
営業時間:11:00〜23:00
定休日:水曜・第1木曜定休
WEB:食べログで見るインスタで見る

営業時間・定休日などは変更する可能性もあるので、公式ページ等で確認してみてください。

スポンサーリンク

-名古屋歩き, 食べる・お茶する
-, ,

© 2020 ナゴヒト Powered by AFFINGER5