名古屋歩き 食べる・お茶する

#137 矢場町・栄:栄ミナミで人気のお洒落カフェ『MAISON YWE(メゾンイー)』ヘルシーランチ&絶品デザート

栄ミナミの人気カフェ「MAISON YWE」 ナディアパークの西側にある栄ミナミで人気のカフェ「MAISON YWE(メゾン・イー)」。 栄・矢場町界隈にあるカフェの中でも特に人気なカフェで、感度の高い女性で賑わっているお店。 人気の秘密は、お洒落な店内と美味しいカフェメニュー、そして管理栄養士が監修した本格的なフードメニュー! ドリンクを始め、フードメニューやデザートまで、どれも本格的な味わい。 食事に栄養バランスのとれた健康的なメニューを頂いた後に美味しいドリンクと看板メニューのチーズケーキを始め、プ ...

ReadMore

イベント お出かけ・旅行 ライフスタイル 近場(東海地区)

#136 津島:こだわり農家の新鮮野菜『アサイチBARN SESSION(バーン セッション)』野菜と共に過ごす@OVERCOFFEE(オーバーコーヒー )

アサイチBARN SESSION@OVERCOFFEE 毎月第2日曜の朝、津島の「OVERCOFFEE(オーバーコーヒー )」の軒先きで、こだわりの新鮮な野菜が買えるマーケット「アサイチBARN SESSION」が開かれる。 尾張西部の若手農業者が集まり、新鮮でチョット変わった野菜を運んできてくれるイベントだ。 そんな強いこだわりと個性溢れた愛知西部の農産物直売チーム「BARN SESSION」。 野菜はスタンダードなものの他に、様々な形、色、食味、大きさのものがある。栽培方法や収穫時期、方法によっても多 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#135 東別院・橘:熟タルトの店『アトリエ ブリコ(atelier brico)』熟成させた果実と無添加のお菓子

熟タルトが人気の「アトリエブリコ」 名古屋・大須で人気の「珈琲ぶりこ」や「ばーぐ屋ぶりこ」の姉妹店「熟タルトの店atelier brico」。 無添加な素材にこだわって手間暇かけて作る絶品タルトで人気のアトリエブリコは、2018年5月に中区・橘でオープンした隠れ家風なお店。 伏見通りの古渡町の交差点の北側にあり、表通りに面しているものの、知らずに歩いていると通り過ぎてしまいそうな雰囲気。 しかし、そんな隠れ家感がありながらも、人気の熟タルトは夕方には売り切れてしまうことがあるほどなのだとか。 お店の雰囲気 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#134 東別院・大須:名古屋の人気隠れ家カレー『Bar ka na ta(バーカナタ)』絶品の本格スパイスカレー!

本格スパイスカレーの隠れた名店 東別院駅から徒歩10分ほどの中区・橘にある「Bar Ka na ta」。 多くのカレーマニアが絶賛する本格派スパイスカレーが食べれるお店。 Barでありながら、ランチタイムと飲んだ後の締めの本格スパイスカレーが美味しいと評判で、最近ではBarとして以上にカレー屋さんとしての存在感のが大きいイメージ。 店内の様子 店内はバーのため、落ち着いた雰囲気が漂うお洒落な空間。 食べログより 4人テーブルが2つ、カウンター席が6席ほど。席はとってもゆったりしており、1人で来店しても全然 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#133 今池:本格コーヒーと絶品トースト『SUIDOMICHI coffee(スイドウミチコーヒー)』白・無垢ベースのお洒落なカフェで味わう本物の味

自家製パンとスペシャリティコーヒーのカフェ 2018年5月にオープン以来、すぐさま名古屋の人気カフェの1つとして話題となった「SUIDOMICHI coffee」。 オーナーが1人で切り盛りしているとは思えない、クオリティの高い自家製パンやケーキと、オーナーこだわりのスペシャルティコーヒーが人気のお店だ。 今池駅2番出口から徒歩1,2分と好立地にありアクセスの良さも最高です。 SUIDOMICHI coffeeとは 今池から池下方面に1km以上に渡り桜並木が続く”水道みち緑道”。この桜並木を眺めることがで ...

ReadMore

お出かけ・旅行 遠出(東海地区外)

#131 滋賀・琵琶湖:続編『セトレマリーナびわ湖』滋賀の恵みを楽しむ“ディナー”と“朝食”!ナゴヒト冬旅行Part.2

ナゴヒト冬旅行Part.2「セトレマリーナびわ湖」”食事編”! ナゴヒト冬旅行Part.1でセトレマリーナびわ湖の施設やお部屋を紹介しましたが、今回は”食事編”。 無料で付いてくる朝食と、プラス料金で申し込めるディナーをご紹介! 部屋で楽しむ朝食 ホテルの朝食と言えばビュッフェ形式のものも多い中、セトレマリーナでは滋賀県産のこだわり素材を使用したリッチな朝食がお部屋で楽しめるスタイルになっている。 地元滋賀県産の食材”滋賀のめぐみ”が紹介されている。 古株牧場直送の牛乳、びわ湖近辺で無農薬野菜・有機野菜を ...

ReadMore

お出かけ・旅行 遠出(東海地区外)

#130 滋賀・琵琶湖:モダン&リゾート『セトレマリーナびわ湖』滋賀の恵みを楽しむ“贅沢な空間”と“癒しのひととき”!ナゴヒト冬旅行Part.1

琵琶湖岬のコンセプトホテル「セトレマリーナびわ湖」 琵琶湖と比良の山並みに抱かれた、客室14部屋のリゾートホテル「セトレマリーナびわ湖」。 滋賀の自然の恵みを生かした「とっておきの食」と「こだわりの部屋」で、スロー&リュクスな1日を過ごすことができ、都会の喧騒を離れた、静かで穏やかな時を過ごすのにピッタリのホテルだ。 旅行先をホテルから決めてみた! 1泊2日の旅行へ行こう!となり、普段なら旅行先を決めて宿を予約するのだが・・・ 今回は、泊まってみたいホテルを探してから行き先を決める!というホテルありきの旅 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#129 港区役所・ららぽーと:蔦屋書店内でモーニング!『adedge(アデッジ)』コーヒー好きへの選べるモーニング

スペシャリティコーヒーを楽しむ「adedge(アデッジ)」 2018年にオープンにしたららぽーと内の蔦屋書店。 その別館の一角、1階にあるスペシャリティコーヒーを楽しめるカフェ「adedge(アデッジ)」は、伏見にあるスペシャリティコーヒーで有名な「MITTS COFFEE STAND」の姉妹店。 おいしいコーヒーの他にも、同じく姉妹店の「TO GO Kurumamichi」のマフィンや、ボリューム満点のソフトクリームが人気のお店だ。 店内の様子 蔦屋書店の中にあり、天井の広い空間が広がっていて居心地はと ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#128 国際センター:名古屋のグルメバーガー『ザ コーナー ハンバーガー&サルーン(THE CORNER)』那古野の人気店!

行列必須の人気ハンバーガー店 西区・那古野にある本格的なアメリカンバーガーで人気のハンバーガー店「ザ コーナー ハンバーガー&サルーン」。食べログ・ハンバーガー部門で百名店に2年連続選ばれる超人気店。 そんな人気のお店の名前の由来は“円頓寺本町の街角にあり、英語で酒場を意味するサルーンを合わせたもの”なのだとか。 ニューヨークでハンバーガーを食べ歩いた「バーガーマン」がこだわって作る本場アメリカのハンバーガーが楽しめるとあって、週末には行列が絶えないほどの人気ぶり。 THE CORNERのハンバーガーとは ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#127 久屋大通・泉:名古屋で人気のインドカレー『ムガルパレス(MUGAL PALACE)』本格インドカレーと種類豊富のナンを楽しもう

インド料理屋「ムガルパレス」 久屋大通駅1A出口から北東にある裏路地を歩いた先にあるインド料理店「ムガルパレス」。 エスニックな雰囲気漂う店内でインド人シェフによる本格インド料理が楽しむことができる人気のインド料理店。 名古屋市内に3店舗お店を構えており、泉にある1号店の他に、鶴舞に2号店、名古屋駅に3号店がある。 入り口を入るとエスニック感満載の店内で、異国の雰囲気を楽しむことができる作りになっている。 4人掛けのテーブル席が多く、全部で約60席ほどある店内はとても広々とした空間で、周りを気にせずゆった ...

ReadMore

お出かけ・旅行 遠出(東海地区外)

#130 滋賀・琵琶湖:モダン&リゾート『セトレマリーナびわ湖』滋賀の恵みを楽しむ“贅沢な空間”と“癒しのひととき”!ナゴヒト冬旅行Part.1

更新日:

琵琶湖岬のコンセプトホテル「セトレマリーナびわ湖」

琵琶湖と比良の山並みに抱かれた、客室14部屋のリゾートホテル「セトレマリーナびわ湖」。

滋賀の自然の恵みを生かした「とっておきの食」と「こだわりの部屋」で、スロー&リュクスな1日を過ごすことができ、都会の喧騒を離れた、静かで穏やかな時を過ごすのにピッタリのホテルだ。

旅行先をホテルから決めてみた!

1泊2日の旅行へ行こう!となり、普段なら旅行先を決めて宿を予約するのだが・・・

今回は、泊まってみたいホテルを探してから行き先を決める!というホテルありきの旅行にしてみた。

色々なホテルをウェブで調べていたら、琵琶湖でとっても楽しそうなホテルを発見!それが今回宿泊した「セトレマリーナびわ湖」。

セトレマリーナびわ湖の特徴

調べていて気になったポイントはこんな感じ!

・無垢材を使用したシンプルで上質な部屋
・テラスのハンモックチェア
・フリードリンクやお菓子が自由に楽しめるラウンジ
・京都の有名な書店の店長がセレクトしたライブラリー
・60インチTVとヤマハスピーカーで楽しむシアタールーム(要予約)
・部屋で食べる滋賀尽くしの朝食

そして何より、これだけの設備がありながら、およそ1泊1人1万円で泊まれる高コスパ!(夕食付きだと1人約2万円)

レンタカーを借りて訪問!

冬の時期に名神や新名神を通ると、雪が降ったりする恐れがあるため、スタッドレスの車を借りて琵琶湖まで向かうことに。

栄から高速を使って休憩しながらドライブして、セトレマリーナびわ湖に到着!写真で見た通りのお洒落な建物が現れます。

まずはフロントでチェックインをして、部屋まで向かいます。

とっても立派なエントランスの向こうに受付がある。

エントランスを入るとウェルカムドリンクとしてフルーツウォーターバーが用意されている。

果実の酵素が入った体に優しいお水で一息つけます。

中部建築賞(2014)を受賞していたり、雑誌や本に取り上げられていたり、輝かしい経歴を持っている。

受付の後ろ側には商品スペースがあり、ホテルの思い出の品や、セレクトされた商品が並べられている。

こだわりのアメニティや、地元滋賀のお茶なども取り扱っている。

いよいよお部屋へ!

無事チェックインも終わり、鍵を受け取りエレベーターで3階へ。

木の壁と扉の反対側にはガラスを使ったお洒落な廊下。

今回泊まった303号室。扉を開けてみると、無垢材を使用したナチュラルでシンプルなお部屋。

使い捨てのスリッパが用意されており、部屋内で過ごす時はこのスリッパが使える。

また、2階や3階のラウンジやライブラリーに行きたい際に使用するのがこちら。

あくまで館内専用サンダルなので、外を出歩く際は自身の靴を履いてから出て行きましょう。

部屋の方に進んで行くと、なんとも雰囲気の良いお洒落で贅沢な空間!

テラスにはハンモックチェアと椅子が並べられており、琵琶湖を優雅に眺めることができる。

テーブルの上にはセトレマリーナの案内や、iPod&Bluetoothスピーカーなどが置かれている。

部屋に入って最初に驚いたのが、誰もいない部屋に音楽が流れていること。

リラクゼーション系の音楽が流れていて、とっても特別感があります。

スピーカーはJAWBONEのJAM BOX。発売当時、グッドデザイン賞を受賞したり、コンパクトなボディのワイヤレススピーカーながら低音と音圧を楽しませてくれるスピーカーとして話題になってたもの。好みの音楽をかけたい方は、自身のスマホや音楽プレイヤーと繋ぐこともできるようになっている。

天井が高めで、とっても広々とした空間。部屋の角から吊るしてあるライトもとっても可愛らしい雰囲気。木とコンクリートの相性も絶妙に組み合わせられていて、すごくお洒落。

ちなみに夜にはこんな素敵な雰囲気になります。

反対側の壁は土壁でできており、琵琶湖の水源である森林再生に少しでも貢献したいという思いで、職人の伝統の技を駆使して作られたものなのだとか。また、セトレオリジナル家具にも滋賀県産の木材を使用しており、琵琶湖や比良といった自然への意識の高さが伺える。

お風呂場の横に木でできた小さな扉を発見!

中を開けてみると、電気や空調のボタンになっていた。

こういった日常的なものを隠してくれているおかげで、とってもスッキリとした非日常的な空間が作られている。

隠すと言えば、こちらの玄関も木の扉で隠せるようになっており、右側の木の扉を動かすと・・・

このような形で、玄関を覆うことができる仕組みになっている。ここまで細部にこだわったホテルは本当に初めてです。

入り口の棚にはタオルが置かれているのと、荷物置きになっている。

冷蔵庫も完備しているので、自由に使うことができます。

中にはお洒落なペットボトルのお水が用意されている。近くにコンビニもあるので、好きな飲み物を買って冷やしておくことも可能。

部屋にはティーセットも用意されており、お湯を沸かしてお茶を入れることもできます。

とってもお洒落な器と、滋賀県のお茶が並べられています。

「かたぎ古香園」のお茶は繊細なコクが特徴の無農薬で作られたこだわりのお茶。こだわりのカップに入れて、湖や山を眺めながらティータイムが楽しめる。

ちなみにこちらの「KIKOF」というブランドは、企業やブランドや製品のアートディレクションをしていたデザイナーと、滋賀の職人さん達とがコラボして立ち上げたもの。

部屋に置かれていたカップ&ソーサーも購入することが可能。

カップだけでなくボールやプレートなどの陶器もある。

気になった方はぜひKIKOFのホームページを覗いてみてください。

・お風呂場

浴室は大きなお風呂とアメニティが綺麗に置かれていて、雰囲気はこんな感じ。

とっても広々とした浴槽で、ゆったりと入ることができます。

シャワーヘッドは蛇口の横についており、引き出すとノズルが出てくるスタイル。

お風呂のアメニティは、バスソルトやシャンプー・ボディーソープ・ボディーローションまで、Aroma therapy associates(アロマ セラピー アソシエイツ)のもの。

Aroma therapy associatesは1985年に英国で設立されたアロマブランドで、世界中の高級スパや一流ホテルでも使われている。化学除草剤や農薬を一切使用せず育てられた香り豊かな植物からエッセンシャルオイルを丁寧に抽出し、専門家がハンドブレンドしている。遺伝子組み換え作物・合成着色料・鉱物油・動物由来の原材料などは一切使用されておらず、天然由来の原料のみを使用した製品はどれも高品質で安心安全のもの。

香り豊かなバスタイムを堪能することができる。

ドライヤーもパナソニックのものが置いてあり、髪を乾かす時もストレスを一切感じないレベルの製品。

お風呂内にあるトイレ。TOTOのNEORESTで、こちらもハイクオリティ。

ホテル館内の施設をまわってみた!

ホテルには宿泊者が楽しめる工夫が凝らしてあり、14部屋しかない宿とは思えないほど充実した施設が整っている。

・ラウンジ(2F)

宿泊者が自由に利用できるラウンジ。ジュースやアルコールなどが自由に飲み放題になっており、お菓子やスナックなども無料で食べることができる。

広々としたラウンジにはたくさんのソファ席が用意されており、ゆったりとくつろげる空間が広がっている。

お菓子やスナックが用意されており、右からスモークチーズ・ストロベリークッキー・紅茶クッキー・バナナチップス・ドライパイナップル・ミックスナッツがある。

無料サービスながら、どれもクオリティが高くて普通に美味しかった!

さらにホテルのオリジナルスイーツのパウンドケーキも用意されており、リッチなティータイムが過ごせること間違いなし。

ドリンク類も豊富に取り揃えられており、2種類のコーヒーと紅茶・ワインやビールなどのアルコール類・5種類のフルーツジュースとウーロン茶・ヒレペリラという赤シソジュースまで、どれも飲み放題。

コーヒーは自分で豆を挽いて、ドリップで淹れるスタイル。

自分で豆を挽くことが普段ないので、たまに挽くとゴリゴリ心地よい。笑

挽いた豆をドリッパーに入れてお湯を注ぎます!

ちょっぴり時間はかかるけど、とってもおいしくコーヒーがいただけました。

ただ、個人的に一番気に入ったのが“ヒラペリラ(赤シソジュース)”。

滋賀県の赤シソを使用したジュースで、ポリフェノール・ビタミン・カルシウムが豊富で疲労回復・花粉症・アトピー性皮膚炎などに効果があるのだとか。

3倍濃縮なので、炭酸水で割って飲むスタイル。しっかりと冷えたウィルキンソンが置いてあります。

氷を入れて、炭酸水で割ったヒラペリラが右側のドリンク。適度な甘みと赤シソの風味が絶妙でとっても美味しかった!

ちなみにホテルのフロントの土産売り場にも売っているため、気に入った方は帰りに瓶を購入していくことも可能。

ちなみに最後帰る際に自身も、人にあげるように1本と自宅用に1本購入しました。

ラウンジの中央にはレコードプレイヤーとBOSEのスピーカーが置いてあり、好みのレコードを木箱から選びかけることができる。

音楽を聴きながら、美味しいおやつとドリンクを楽しみ、優雅に琵琶湖を眺めながら過ごす時間はとっても快適でした。

・ライブラリー(3F)

3階には、セトレマリーナ自慢のライブラリーがあり、建築や写真集から絵本まで取り揃えられている。

「世界の素晴らしい本屋10店」に日本で唯一選ばれた京都の恵文社一乗寺店。その書店の店長を務めていた堀部篤史氏がセトレマリーナのイメージに照らし合わせてセレクトした200冊の本が並ぶ図書コーナー。

滋賀にまつわる本なども取り揃えられているので、時間に余裕があればぜひ訪れて、しばし本の世界に浸るひとときを過ごしてみてください。

・シアタールーム(要予約)

同じく3Fにあるシアタールームでは、60インチのテレビでDVDやブルーレイを持ち込み映画鑑賞を楽しむことができる。もちろんこちらも無料。

最大2時間半までの時間を予約することができるため、滞在中に映画を見たい方はホテルを予約した際に空き時間があるか確認してみてください。

今回予約した際はまだ空き時間があったため、夕食後の21時から2時間半の予約をして、映画を1本思い切り堪能!

ラウンジのスナックやドリンクを持ち込むこともできるため、映画鑑賞の前にラウンジへ立ち寄り、映画のお供を先にゲットしてくるのもあり!

60インチのテレビの下にはYAMAHAのスピーカーがセットされており、大きなスクリーンと共に臨場感ある音もしっかり楽しめるので、部屋とは違う雰囲気のプライベート空間で思う存分映画を満喫できる。

とにかく充実した空間!

ホテル内を歩いているだけで楽しめる空間が広がっており、つくづく外出する気力を奪われるホテル。

滋賀県の食材にこだわったディナーや朝食などもとっても素晴らしかったので、それはまた次回紹介します。

これだけの充実した施設が揃っていながら、1泊1人1万円は本当に破格だと思う。夕食を付けると2万円になるけど、それでもとってもリーズナブルで大満足できる内容です。

滋賀県への旅行を考えてる方はぜひ一度候補に入れてみてください。

 

セトレマリーナびわ湖

住所:滋賀県守山市水保町1380-1ヤンマーマリーナ内
TEL:077-585-1125
WEB:ホームページを見る

営業時間・定休日などは変更する可能性もあるので、公式ページ等で確認してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お出かけ・旅行, 遠出(東海地区外)
-, ,

Copyright© ナゴヒト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.