名古屋歩き 食べる・お茶する

#157 名古屋・栄生:おいしいコーヒーとパン『LOGIC(ロジック)』則武新町にオープンした名駅エリアのこだわりカフェ

ノリタケの森そばのこだわりカフェ「LOGIC」 2019年4月にオープンしたばかりのカフェ「LOGIC(ロジック)」は、本格的なエスプレッソとドリップコーヒー両方を楽しむことができるお店。 名鉄栄生駅と東山線亀島駅の中間くらいにあり、どちらからも6,7分ほどの距離。いつもお邪魔する際は名古屋駅から歩いてるけど、大体15分くらいで着けます! お店は名駅通の大通り沿いに面した場所で、歩いていけばすぐにわかるはず! お店の雰囲気 白と黒を基調とした外観が目印!まるでヨーロッパに来てるようなお洒落な外観。 店内は ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#156 今池:本格派グルメバーガー『BURGERS REPUBLIC(バーガーズ リパブリック)』名古屋のハンバーガー界の新名所!

名古屋ハンバーガー界の新名所「BURGERS REPUBLIC」 名古屋を代表するハンバーガー店「LAYER’S」と「WAVES」で12年間ハンバーガーを作り続けてきた店主が2019年6月27日、今池駅にこだわり満載のハンバーガーが食べれるお店をオープン! 今池駅7番出口から歩いて100mほどの場所で、向かい側には今池で有名な「うどんや太門」があるところ。 使用する食材をはじめ、自家製のバンズやソースなど、店主のハンバーガーに対するこだわりを思う存分詰め込んだハンバーガーが食べられるとってもステキなお店。 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#155 今池・池下:7月16日OPENのカフェ『菓酒店 jira(ジラ)』美味しいお菓子とコーヒーやお酒とおつまみカフェ

注目必須の新店舗『菓酒店 jira』が7月16日GRAND OPEN! 7月16日に今池駅と池下駅の間辺り、仲田二丁目に新しくOPENする「菓酒店 jira」。 店主は名古屋の有名カフェ"KANNON BAKE"(現 KANNON COFFEE本山店)で絶大な信頼のもと腕を振るっていた実力者。絶品スイーツと本格派コーヒーに加え、お酒や時々つまみが楽しめるとってもステキなお店。 10日からプレオープンということで、早速お邪魔してきました! お店の雰囲気 大通り沿いにあるお店は、古民家を改装して造られたレトロ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#154 御器所:うどん好きが集まる名店『手打ちうどん うえだ』絶品のモチモチうどんとサクサクとり天!

「手打ちうどん うえだ」の魅力 数多くのうどん好きが通う「手打ちうどん うえだ」は2013年2月創業の人気うどん店。 昭和区・御器所駅から徒歩1分の好立地で、連日行列ができている。 人気の秘密は、うえだ自慢の手打ちうどん!常に”切りたて・茹でたて”を提供する大将のこだわりは、注文が入ってから茹でる分だけのうどんを切って茹でるという丁寧さ! そんな名古屋を代表する手打ちうどん店のひとつ「手打ちうどん うえだ」へ行ってきました。 お店に到着! 御器所駅7番出口を出てすぐの場所にあるお店。 お店は綺麗でシンプル ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#153 コンビニで見つけた新ポテチ!「うにまみれ味」あと味がまるでウニのような贅沢な味!

うに味のポテトチップが発売! 2019年5月13日から全国のコンビニで先行販売している新ポテトチップス「うにまみれ味」。 わさビーフで有名な山芳製菓の新商品で、贅沢なウニの風味を手軽に楽しめるポテトチップスを目指して開発したのだとか。 ”うにせん”のようなウニの豊かな風味が味わえつつ、上品さのある味わいに仕上げ、オイルスラリー製法により味わい深いウニのおいしさを表現し、ウニのタレが掛かったような見た目にもこだわって作った一品とのこと。 食べた人達が「想像以上にウニ!」「ウニ味じゃない、ウニだ!」「まるでウ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#152 池下:コーヒー通が薦める名古屋の名店!『ペギー珈琲店(PEGGY COFFEE)』老舗の自家焙煎コーヒー

老舗の自家焙煎カフェ「ペギー珈琲店(PEGGY COFFEE)」 池下駅から徒歩10分ほどの場所にある老舗のコーヒー店「ペギー珈琲店(PEGGY COFFEE)」。 1981年創業の老舗の自家焙煎珈琲豆店「ペギー珈琲店」は、喫茶店大国の名古屋でも当時4店舗しかなかった自家焙煎コーヒーを提供していた本格派珈琲店として創業当時からコーヒー通に愛されていたお店。 2017年7月にリニューアルして、お店の雰囲気が開放感溢れる綺麗でスタイリッシュな店舗に生まれ変わる。 古くからお店へ足繁く通う人の中には、今までのお ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#151 金山:名古屋でタイに旅行気分!『東桜パクチー(ひがしさくら)』本場仕込みのタイ食堂

タイ人が作る本場タイ料理の食堂「東桜パクチー」 東区・東桜に1号店がある「東桜パクチー」の3号店があるのは金山駅から徒歩4分ほどの場所。 「毎日通えるタイ食堂」をコンセプトに、エスニック料理好きな方の心を惹きつける人気のタイ料理店。 元々は京都の「タイキッチンパクチー」というお店のフランチャイズ店として2013年にオープンしたお店で、99%の装飾品をタイから仕入れて作る店内は一瞬でタイに旅行へ来た気分にさせてくれます。 お店の雰囲気 タイ語や現地の装飾品が飾られるお店の入り口はこんな感じ。 食べログより ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#150 総合リハビリセンター:求味一心の絶品蕎麦!『安江(やすえ)瑞穂店』引きたて・打ちたての本物志向の逸品

老舗のおいしい蕎麦を楽しむ「安江」 瑞穂区、陽明小学校や名古屋市立大学薬学部キャンパスの近くにある「安江」。 昭和40年代から続く老舗の蕎麦屋は、”そばの命は茹であげ3分”というおいしさへのこだわりを追求し、常に「引きたて」「打ちたて」「茹でたて」を提供してくれるお店。 そんなお店の自慢の一品は、地元・岡崎の蕎麦農家と二人三脚で研究を重ねた蕎麦の風味が思い切り楽しめる「粗挽き生粉打ち」は、自慢の蕎麦の実を丸ごと粉にした十割蕎麦。 その他にも本格的な精進料理を食べることができるなど、普段目にすることのないメ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#149 大須観音・東別院:名古屋で味わうスペシャルティコーヒー『ヤマコーヒー(yama coffee)』こだわりの自家焙煎コーヒーと自然溢れるカフェ

おいしいが揃うカフェ「yama coffee」 中区・松原にある本格的なスペシャルティコーヒーを味わえる「yama coffee」。 大須観音駅から南に650mほどの場所にある、おいしい”コーヒー”と”サンドイッチ”と”デザート”全部食べたい!という願いを叶えてくれる欲張りさんにオススメのカフェ! アレもコレも・・・おいしいものを少しずつ。そんなワガママな想いをカタチにするためにオーナーが始めたお店。 そのため、お店で提供されるドリンク・フード・デザートメニューはどれもオーナーのこだわりが詰まったメニュー ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#148 中川区・伏屋:名古屋のコーヒー専門店『ジムランコーヒー(JIMLAN COFFEE)』コーヒー通が絶賛するカフェ

コーヒー専門店「JIMLAN COFFEE」 中川区の伏屋駅から1.5kmほどの場所にあるスペシャルティコーヒーを扱うコーヒー専門店「JIMLAN COFFEE」。 世界の農園から集めた良質な生豆を丁寧に焙煎し、適度にエイジングさせて豆の状態を調整したものを適切に挽き、じっくりと抽出したコーヒーをステキなカップに注いでくれるコーヒー通が絶賛するお店。 ジャズ喫茶を思い出すような、お洒落なレコードと音響設備が揃っており、広々とした空間でコーヒーの香りと音楽を楽しみながら、至福のひとときを過ごすことができる。 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#120 神宮前・熱田神宮:老舗の名古屋名物を境内で!『宮きしめん』参拝後のオススメ人気ランチ

投稿日:

名古屋名物“宮きしめん”

大正12年創業のきしめん専門店「宮きしめん」。

今なお名古屋名物の代表格として知られる“きしめん”。その歴史は古く、江戸時代にはすでに食されていたことが様々な書物に記載されている昔ながらの名古屋めし。

「宮きしめん」は日本三大神宮の1つである熱田神宮が発祥の地で、宮司より熱田神宮の「宮」の字をもらい、その名を「宮きしめん」と命名したのだとか。

宮きしめん本店

人気の秘密は“こだわり”の素材

数ある麺屋の中で宮きしめんがこれだけ人気を得た秘密は、上質な原材料のみを使用し、伝統的な味を大切に守り、創業当時よりおいしさを変えることなく提供しているためだろう。

宮きしめんHPより

宮きしめんでは、主原料である小麦粉にこだわっており、厳選した麺用の特等粉を使用し、品質にムラを一切出さないのが特徴なのだとか。

また、麺づくりにおいて小麦粉と同じくらい重要なのがお水。軟水を使用することで、おいしさだけでなく体にも優しいきしめんが作られている。

メインの赤つゆには、名古屋特有のしっかりとした味付けの中に、厳選した素材で出汁を取り、それをふんだんに使用し、香り豊かで濃厚なスープを作っている。

初詣の後に食べてきた!

ちょっと遅めだけど、1月4日に熱田神宮へ初詣へ行ってきました!

そしてお参り後、早めのお昼を神宮内にある「宮きしめん」で食べることに。先に食券を購入し、列に並びます。

今回は一番シンプルな赤つゆの宮きしめんと、白つゆの白えびかき揚げきしめん。

列は長いが、提供スピードがとっても早いので以外とすぐ食べれます。

ちなみに価格はこんな感じ。一番シンプルな宮きしめんが700円。白えび入りかき揚げきしめんは850円。

ちなみにきしめん以外にも、豚まん・豚角煮入りちまき・甘酒・コーチン串カツ・飛騨牛コロッケなどのサイドメニューも豊富に取り揃えられている。

その横を見ると、金ピカの燻製卵“金福縁起卵”を発見!なんとも金運が上がりそうなド派手な卵。

オープンキッチンになっており、中にはたくさんの人がハイスピードで調理しています。

宮きしめんを食す!

結果的に並び始めてから、10分待たないくらいで宮きしめんが提供されました!

テント下の席はかなり混雑しており、空いているスペースが見つからないほど。さすがの人気ぶり。

ということで、テントのない外の方の席で食べることに!

池ビューの素敵なテラス席のような場所を発見。席にはたっぷりのネギと割り箸。

お茶とお水はセルフサービスで、飲み放題。温かいお茶が飲めるのは嬉しい。

赤つゆの宮きしめん。中身は麺・あげ・しいたけ・かまぼこ・葉っぱ・鰹節と、とってもシンプルなもの。

しかし、寒空の下で食べるきしめんは最高においしい!熱々のつゆが体を芯から温めてくれる。

出汁がしっかりきいており、味はとっても濃厚で、しいたけやあげなどの具材も上質でとっても良いお味。

麺のボリュームもかなりあって、食べ応え満点!

白つゆの白えびかき揚げきしめんは、赤つゆとは違ったあっさり目のスープ。

しかし、かき揚げの味が染み込んだスープがシンプルな麺とマッチして美味しかったです。

食べ終わった後は

帰り道にはお土産コーナーもあり、自宅で気軽に宮きしめんを楽しめるパックが売られている。

正月期間限定のお楽しみ袋も1,500円で用意されており、宮きしめんや金の卵などの詰め合わせが入っているのだとか。

栄や名古屋駅などの街中にもある宮きしめんだが、深い緑に囲まれた清々しい雰囲気の境内で頂く宮きしめんは、格別に美味しく感じます。

熱田神宮に参拝された際はぜひ立ち寄ってみてください!

 

宮きしめん

住所:名古屋市熱田区神宮一丁目1番1号 熱田神宮境内
営業時間:9:00~16:30(L.O.)
定休日:年中無休
TEL:052-682-6340
WEB:ホームページを見る食べログを見る

営業時間・定休日などは変更する可能性もあるので、公式ページ等で確認してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-名古屋歩き, 食べる・お茶する
-, , ,

Copyright© ナゴヒト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.