名古屋歩き 食べる・お茶する

#129 港区役所・ららぽーと:蔦屋書店内でモーニング!『adedge(アデッジ)』コーヒー好きへの選べるモーニング

スペシャリティコーヒーを楽しむ「adedge(アデッジ)」 2018年にオープンにしたららぽーと内の蔦屋書店。 その別館の一角、1階にあるスペシャリティコーヒーを楽しめるカフェ「adedge(アデッジ)」は、伏見にあるスペシャリティコーヒーで有名な「MITTS COFFEE STAND」の姉妹店。 おいしいコーヒーの他にも、同じく姉妹店の「TO GO Kurumamichi」のマフィンや、ボリューム満点のソフトクリームが人気のお店だ。 店内の様子 蔦屋書店の中にあり、天井の広い空間が広がっていて居心地はと ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#128 国際センター:名古屋のグルメバーガー『ザ コーナー ハンバーガー&サルーン(THE CORNER)』那古野の人気店!

行列必須の人気ハンバーガー店 西区・那古野にある本格的なアメリカンバーガーで人気のハンバーガー店「ザ コーナー ハンバーガー&サルーン」。食べログ・ハンバーガー部門で百名店に2年連続選ばれる超人気店。 そんな人気のお店の名前の由来は“円頓寺本町の街角にあり、英語で酒場を意味するサルーンを合わせたもの”なのだとか。 ニューヨークでハンバーガーを食べ歩いた「バーガーマン」がこだわって作る本場アメリカのハンバーガーが楽しめるとあって、週末には行列が絶えないほどの人気ぶり。 THE CORNERのハンバーガーとは ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#127 久屋大通・泉:名古屋で人気のインドカレー『ムガルパレス(MUGAL PALACE)』本格インドカレーと種類豊富のナンを楽しもう

インド料理屋「ムガルパレス」 久屋大通駅1A出口から北東にある裏路地を歩いた先にあるインド料理店「ムガルパレス」。 エスニックな雰囲気漂う店内でインド人シェフによる本格インド料理が楽しむことができる人気のインド料理店。 名古屋市内に3店舗お店を構えており、泉にある1号店の他に、鶴舞に2号店、名古屋駅に3号店がある。 入り口を入るとエスニック感満載の店内で、異国の雰囲気を楽しむことができる作りになっている。 4人掛けのテーブル席が多く、全部で約60席ほどある店内はとても広々とした空間で、周りを気にせずゆった ...

ReadMore

近場(東海地区) 食べる・お茶する

#126 津島:コーヒーのセレクトショップ『OVERCOFFEE(オーバーコーヒー )』こだわりが詰まった“ニュースタイル”カフェ

津島の有名コーヒーショップ「OVERCOFFEE」 名鉄津島駅から徒歩10分ほどの場所にある人気のカフェ「OVERCOFFEE(オーバーコーヒー )」は2015年7月にこの地でオープン。 オーナーがセレクトする多種類のスペシャリティコーヒーを気軽に楽しむことができる、コーヒーのセレクトショップのようなお店だ。 2018年11月、金山にオープンした2号店(OVERCOFFEE and Espresso)によくお邪魔しており、今回初めて津島の1号店にもお邪魔することができました! 地元で人気のお店が3軒立ち並 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#125 久屋大通・泉:ランチ限定間借りカレー『ディムのスリランカカレー』本場の味を楽しむ本格スリランカ料理

間借りカレー「ディムのスリランカカレー」 久屋大通駅1A出口から300mほどの場所、高級住宅街として有名な泉にある大陸バル「隆麺」。 古民家を改修して造られたお洒落な空間を間借りし、ランチタイムのみスリランカ人が作る本格的なスリランカカレーが楽しめるお店。 2018年2月25日にオープンして以来、人気を集めるディムのスリランカカレーは、母国スリランカのホテルや名古屋のスリランカ料理店で腕を奮っていたディムさんが、昼間バルの空いている時間に場所を借りて始めた“間借り”カレーのお店だ。 店内は、カウンター席と ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#124 東山公園・本山:名古屋No.1洋菓子店『パティスリーグラム(patisserie gramme)』で味わう本場フランスのケーキや焼菓子

洋菓子の名店「パティスリー グラム」 名古屋で人気No.1の洋菓子店とも言われる「パティスリーグラム(patisserie gramme)」は、名古屋マリオットアソシアホテルでパティシエを11年間任されていた三橋和也氏がオーナーパティシエを務めるお店。 1グラムの誤差も許さず細かく計算されて作られるスイーツは、どれをとっても一級品ばかり。数々の功績を収めてきた三橋オーナーのこだわりが詰まったケーキは、名古屋のスイーツ好きを虜にしており、名古屋で確実に3本の指に入る超一流のパティスリーだ。 店内の様子 店内 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#123 金山:本場広島風お好み焼き『ひろしま本店』みんな大好き広島焼きは地元のソウルフード!

名古屋で食べる広島の味「ひろしま本店」 金山駅1番出口から徒歩2分ほどの場所にある「ひろしま本店大津通店」。 名古屋でお好み焼きと言うと関西風をイメージする方も多いが、こちらは広島のお好み焼きが食べれるお店。 広島焼きの特徴とは 小麦粉を水で溶いたものを薄く伸ばして焼いた生地の上に野菜や肉といった具を重ねてひっくり返し、生地でふたをして「蒸し焼き」にするのが特徴。 関西風はよくホットプレートで作ったりもしたけど、広島風はなかなか食べる機会がなかった。 けど、キャベツたっぷりで、生地の薄いヘルシーな広島風が ...

ReadMore

ショップ・お買い物 名古屋歩き 食べる・お茶する

#122 久屋大通・泉:名古屋のグルメスーパー『NAGOYA Kitsch et Bio(キッチュ エ ビオ)』見て楽しめる食のデパート

グルメの宝庫「NAGOYA Kitsch et Bio」 久屋大通駅から北へ250mほど行った先にあるグルメスーパー「NAGOYA Kitsch et Bio」。 碧南市に本社を構える株式会社フード生田が手掛ける食のセレクトショップで、とっても美味しそうな食品が取り揃えられている。 地元・碧南の人々に長年愛される「イクタフード」は、碧南市内に3店舗、久屋大通に1店鋪、名駅のグローバルゲートに1店舗あり、計5店舗を展開している。 "本当においしいものだけを、リーズナブルな価格で提供する"という信念のもと、幅 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#120 神宮前・熱田神宮:老舗の名古屋名物を境内で!『宮きしめん』参拝後のオススメ人気ランチ

名古屋名物“宮きしめん” 大正12年創業のきしめん専門店「宮きしめん」。 今なお名古屋名物の代表格として知られる“きしめん”。その歴史は古く、江戸時代にはすでに食されていたことが様々な書物に記載されている昔ながらの名古屋めし。 「宮きしめん」は日本三大神宮の1つである熱田神宮が発祥の地で、宮司より熱田神宮の「宮」の字をもらい、その名を「宮きしめん」と命名したのだとか。 宮きしめん本店 人気の秘密は“こだわり”の素材 数ある麺屋の中で宮きしめんがこれだけ人気を得た秘密は、上質な原材料のみを使用し、伝統的な味 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#119 池下:名古屋で人気!ケーキの名店『フォルテシモ アッシュ(FORTISSIMO H)』辻口シェフの絶品洋菓子

洋菓子の名店「FORTISSIMO H」 2007年4月に池下駅徒歩10分、セントラルガーデンにオープンした「FORTISSIMO H(フォルテシモ アッシュ)」は、洋菓子界の巨匠、辻口博啓氏が手掛けるパティスリー。 店名のフォルテシモアッシュには「より強く辻口スタイルを表現する」という意味を込められており、建物から店舗の内装まで、すべてに辻口博啓氏のこだわりが詰まっている。 店内の様子 広々とした店内にはたくさんのお菓子があり、焼き菓子・チョコレート・マカロン・プチガトー・ホールケーキなど様々な洋菓子が ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#84 昭和区・鶴舞:うなぎの名店『うな富士(うなふじ)』名古屋で絶大の人気を誇るNo.1のうな丼とひつまぶし

更新日:

鶴舞駅から南へ8分ほど歩いた所にある名古屋で人気No.1のうなぎの名店『うな富士(うなふじ)』。

東郊通2丁目の交差点を西に曲がった先にあり、駅から少し離れているが店の前には常に行列ができている。

この日は9時半頃に店の前に来たため、まだ誰もいなかった。

暑い夏の日でもテントがあるため、日差しを防ぐことができ、店先にはウォーターサーバーも置いてあるため水分補給もできます。

待ってる人が少しでも快適に過ごせるようにと、毎日お店の前に張られる大型テント。

店の目の前にベンチがあるのと、テントの下にはパイプ椅子が20脚置いてあり、かなり早い時間に並べば座って待つことができる。

11時開店にも関わらず、オープン前にはすでにテントの下は人で溢れかえっていて、その絶大な人気ぶりが伺える。

たまたま訪れたのがお盆の時期だったため、特別メニューで普段と少しだけ違う内容になっている。

11時ちょうどにお店が空き、一番にお店に入ることができた!

店内は昭和の面影を残した、レトロな雰囲気。

瞬く間に人でいっぱいになります。ここから営業時間中、なかなか人が減ることがないお店。

メニューは入り口に置いてあったものと弁当以外は全て同じ。なかなかに良いお値段だけど、それでもこの人気ぶり。

早い時間で売り切れてしまうのが肝メニュー。今回は一番乗りだったこともあり、せっかくなので肝入りうなぎ丼を注文!

単品メニューには“うなぎの枕”(うなぎのかまぼこ)や肝焼き、鰻巻きなどがある。

上うなぎ丼には肝を乗せることができないので、リッチに頼む場合は肝焼きを追加注文すると贅沢な肝付き上うなぎ丼の完成。

山椒は自分で削って入れるタイプのものが置いてあり、削りたての香り豊かな風味を楽しめる。

お待ちかねの肝入りうなぎ丼!そしてハマグリのお吸い物とお漬物付き。

最初に肝を一口食べてみると、ねっとりと濃厚な味わいでとってもおいしい!すっごく贅沢な味です。

うなぎを食べても、皮はパリッと中は柔らかくジューシー。

ちなみに上うなぎ丼はこんな感じ。うなぎの量が増えて、とっても食べ応えのある贅沢なボリューム。

うな富士のうなぎは三河一色産のものを使用しており、身が大きく脂がのったうなぎにこだわる。

腹開きにしたうなぎを700〜800℃の炭火で20分ほどしっかり焼き上げることで、水分が程よく飛び、このパリッと感が出せるのだとか。

そして、単品メニューで注文していた肝焼き。

そのまま食べても、山椒を振りかけて食べても、とってもおいしい。いくらでも入っちゃいます。

肉厚のうなぎは、とにかく食べ応え抜群!高価なうなぎだが、せっかく食べるなら思う存分うなぎを堪能したい!という想いを常に叶えてくれます。

そして、ここのうなぎ丼は上に乗ってるうなぎ以外にも、なんとご飯の中にもうなぎが隠れてます!もう本当にうなぎ天国です。

 

元々製粉会社で働いていた店主は、会社員時代から養殖うなぎやハマチの飼料の研究をしており、その開発にも携わっていた人物。

休日にはうなぎ店を巡り、そこで分けてもらったタレの糖度や塩分の濃度を調べ、名古屋人に合うタレを独自に作り上げる。

そんなこだわりの強い店主が脱サラしてこのお店を始めたのが1995年。そこから20年以上に渡り、現場に立ち、お店の味を守り続けてきた。

そんなうなぎマスターの店主の店だけあって、レジ横にはうなぎに関連する様々な物が置かれています。

ちなみに単品メニューであった“うなぎの枕”はお持ち帰りも可能。白焼と蒲焼の好きな方を選ぶことができる。

 

名古屋でおいしい“うなぎ”が食べたくなったら、まず真っ先に候補へ加えたいうなぎの名店「うな富士」。

またうなぎを食べる日が来たらお邪魔します。

 

うな富士(うなふじ)

住所:名古屋市昭和区白金1丁目1−4
営業時間:11:00~14:00 17:00~20:00
TEL:052-881-0067
WEB:食べログを見る

営業時間・定休日などは変更する可能性もあるので、公式ページ等で確認してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-名古屋歩き, 食べる・お茶する
-, , ,

Copyright© ナゴヒト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.