名古屋歩き 食べる・お茶する

#170 栄・久屋大通:名古屋に上陸した『Fab Cafe Nagoya(ファブカフェ)』の魅力@RAYARD Hisaya-odori Park

FabCafeとは 名古屋・栄の新名所「RAYARD Hisaya-odori Park(久屋大通パーク)」。テレビ塔下に広がる全長およそ1kmほどの公園が再開発され、公園の新しい価値を提供すべく魅力的な空間とショップ・レストランがオープン。 その中でも個人的に楽しみにしていたお店「FabCafe Nagoya」は、2012年に渋谷にオープンして以来、現在世界8カ国と11拠点にグローバル展開している「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な・素晴らしい)」をコンセプトにした、カフ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#169 池下・覚王山:絶品のパン屋『製パン 雅』グルメな人も納得する名古屋の名店

製パン 雅とは 2018年10月にオープンした千種区日進通にあるパン屋『製パン 雅』。 軽井沢の有名な「ベーカリー&レストラン 沢村」でおよそ7年間修行を積んだパン職人がオープンしたお店。 沢村のレシピをオリジナルにアレンジして作られるパンはどれも絶品なモノばかり! こじんまりとしたお店ながら、店内にはズラリとパンが並んでおり、来る者を魅了します。 お店の雰囲気 落ち着いた雰囲気の外観は、高級住宅街の景観に溶け込んだ雰囲気。 中に入ると、おいしそうなパンの匂いが漂うこじんまりとしたお店で、ショーケースには ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#168 矢場町:注目必須のコーヒースタンド『doubletall into cafe(ダブルトールイントゥカフェ)』名古屋の老舗カフェ2号店!

doubletall into cafeとは 2020年9月1日、名古屋の人気老舗カフェ「doubletall cafe nagoya」の2号店『doubletall into cafe』が矢場町にオープン! 注目必須の2号店は、若宮大通り沿い、矢場町交差点からすぐの場所。交差点の角にあるフレッシュネスバーガーの隣です。 こだわりのコーヒーはそのままに、ダブルトールカフェの味を手軽に楽しめるコーヒースタンド形式のお店は、日本最古のバリスタと呼ばれる近藤マスターが、自身のコーヒーへの想いを詰め込んだ新しいカ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#167 上前津・矢場町:名古屋の老舗カフェ『double tall cafe(ダブルトールカフェ名古屋)』洗練された空間と素材にこだわったメニュー

double tall cafeとは 1994年に八事の山の手通りにオープンした「double tall cafe」。 空輸してアメリカから取り寄せていた自慢のコーヒー豆と、日本最古のバリスタと呼ばれるマスターが淹れるコーヒーを求め、本物志向の人に人気を博した先進的なお店。 その後、東京に店舗を展開していきながら「double tall cafe」は成長を続けるが、名古屋店は閉店となる。 しかし、時を経て「double tall cafe名古屋」の顧客がオーナーとなり2017年11月に上前津で再オープンを ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#166 本山:『ボニュ(bonnieu)』トレズ本山で味わう上質な素材のバスクチーズケーキとハーブティー

ボニュ(bonnieu) 2020年6月20日にオープンした『XIII(トレズ)』の3階にあるカフェ『ボニュ(bonnieu)』。 本山駅から徒歩3分ほどの場所でアクセスも便利な場所。 水や空気が綺麗な豊田市小原の山間部にアトリエを構えており、そこで出来る限り国産、無農薬、有機、旬の材料を用いて作られるケーキが自慢のお店。 「Pâtisserie Sadaharu AOKI Paris」で修行したオーナーが都内での勤務を経て、この地で独立したという確かな技術も人気の秘密。 元々「bonnieux」という店 ...

ReadMore

近場(東海地区) 食べる・お茶する

#165 豊田市・西町:『EAST ENDERS COFFEE(イーストエンダーズコーヒー)』週末限定カフェで楽しめる本格派コーヒーとカフェラテ

週末限定カフェ「EAST ENDERS COFFEE」 鶴舞線(名鉄豊田線)の終点駅でもある豊田市駅から徒歩4分の場所に2020年5月2日に新しくオープンした「EAST ENDERS COFFEE」。 豊田市駅前参合館内にあったシェアコーヒースタンド「B&C space」でコーヒーを淹れていた店主が独立してオープンしたお店だ。 「EAST ENDERS COFFEE」という店名は”東の端のコーヒー屋”を意味し、名古屋から鶴舞線で東端にある豊田市と、世界の東端にある日本から、新たな文化を発信していきたい。と ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#164 熱田・伝馬町:『喫茶space(スペース)』これぞ名古屋の喫茶店!新しさと文化が融合された新名所

喫茶spaceという喫茶店 名古屋の文化でもある喫茶店。 街のいたる所に昔ながらの喫茶店が点在しており、若い人からお年寄りまで、幅広い世代に愛されながら受け入れられている。 そんな喫茶店の1つであった「珈琲あいざわ」が32年の歴史に幕を閉じると同時に、2020年6月8日に「喫茶space」がその場所に新たにオープンした。 伝馬町駅から徒歩5分ほどの場所にある、マンションの1階にあるお店。 マンションの手前にあるお店の看板。 お洒落なお店のロゴは"年数を経ても飽きず、普遍的で長く愛されるお店"にしたいという ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#163 今池・吹上:ステキ空間カフェ『Hapuna Coffee(ハプナコーヒー)』スペシャルティコーヒーとパンを楽しもう!

スペシャルティコーヒーが楽しめるカフェ『Hapuna Coffee』 2020年5月にNew Openした『Hapuna Coffee(ハプナコーヒー)』。 今池駅から徒歩5分の場所に位置し、浅煎りのスペシャルティコーヒーをメインとした本格的なコーヒーが楽しめるお店。 名古屋の有名店「TRUNK COFFEE」でコーヒーを淹れていたバリスタが独立したお店で、ドリップとエスプレッソ両方を堪能できる。 また、千種区日進通にある人気のベーカリー「製パン 雅」のパンと焼き菓子を楽しむことができるのも嬉しいポイント ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#162 金山・東別院:PORK STAND 3PIG(スリーピッグ)で味わうこだわりの絶品ローストポーク丼と豚角煮丼!

PORK STAND 3 PIGとは 金山駅から東に行った先、オープンと同時に行列ができるほど話題のお店『PORK STAND 3 PIG(スリーピッグ)』が2020年2月2日にNEW OPEN! 3pigは養豚農家、お肉屋、割烹屋の3人の三代目から生まれたお店。 「生産・加工・料理」全ての工程において3人の各プロフェッショナル達が協同することで生まれたとあって、おいしさがたっぷり詰め込まれた、ここでしか味わうことのできない味わいに仕上がっている。 提供される豚肉は、インスタグラムで生産工程を公開しており ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#160 千種区・吹上:日本茶専門店『ヤタガラス(YATAGARASU)』本格派な和カフェで味わう煎茶とアフォガート

本格的な日本茶カフェ「YATAGARASU」 2019年5月13日、吹上駅から徒歩8分の場所に本格日本茶カフェ「YATAGARASU(ヤタガラス)」がオープン! 京都にある宇治茶の郷”和束(わづか)の茶畑”にあるお茶農家から直接仕入れた、本格的な煎茶・抹茶・ほうじ茶が楽しめる和カフェ。 オーダーが入ってから丁寧に抽出する煎茶を始め、濃厚な抹茶やほうじ茶を使用したラテやアフォガートなど、日本茶好きにはたまらないメニューが詰まった素敵なお店! 店内の雰囲気 こじんまりとした店内は、カウンター3席と、テーブル席 ...

ReadMore

ワーク・マネー 学び・教育

#95 教育:世界の英才教育法「The Dalton Plan(ドルトン・プラン)」子供の自主性・自発性を育む驚異の教育メソッドが今日本で注目を浴びる理由

教育先進国アメリカの教育指導法「ドルトン・プラン」とは

最近日本で少しずつ注目を浴び始めている教育メソッド「The Dalton Plan(ドルトン・プラン)」

ドルトン・プランとは、1908年にアメリカのマサチューセッツ州で Helen Parkhurst(ヘレン・パーカースト)女史が提案した教育指導法。型に嵌った教科書通りの指導法に疑問を感じたパーカースト女史が、当時の学校教育の弊害に対する試みとして、モンテッソーリ教育の基盤である“自発性”“自主性”を重んじる着想や、アメリカの哲学者ジョン・デューイの“問題解決学習”などのメリットを活かして考案したもの。

ヘレン パーカースト女史(dalton.orgより)

一人一人の能力や要求に応じて学習課題と場所を選び、自主的に学習を進めることができる教育指導法を提唱し、モンテッソーリ教育の生みの親であるマリア・モンテッソーリの協力を得ながら、一つの教室で実験的にこの教育法を確立していく。イギリスの名門校Bedales Schoolを始めとしたヨーロッパの革新的な学校をいくつか訪問した後、パーカースト女史の教育法が1916年にマサチューセッツ州ドルトンにある高校で採用されたことから、その地名の名を取り「Dalton Laboratory Plan(ドルトン ラボラトリー プラン)」として実践。そして、ここでの実績とその効果の高さからこの画期的な教育指導法は世に広く知られるようになる。

1919年になると、パーカースト女史はニューヨークに移り「THE DALTON SCHOOL」と名付けた学校をセントラルパーク近くに創設し、このプランを実践する場を自ら築き上げる。その実績から数多くの生徒が集まり、すぐさま手狭となった学校は、より大きな敷地を求めて近くの場所へ学校を移設することになるほどの人気ぶり。さらに1929年の秋には高等学校を開校し、幼児から高校生までを対象とした一貫教育校として、数多くの人材を世に送り出すこととなる。そして、そんな100年の歴史を誇るTHE DALTON SCHOOLは、今なお著名な名門私立学校として全米にその名を轟かせている。

zubatkin.comより

英才教育「ドルトン・プラン」の内容とは

「自由」と「協同」という2つの原理に基づいて構築されたドルトン・プランは、「ハウス」・「アサインメント」・「ラボラトリー」3つを柱に、一人一人の個性に合わせて各々の能力を最大限に引き出すことを目的とする。

パーカースト女史は「学校の真の使命は生徒を鋳型にはめることではなく、自分の考えを持てるよう自由な環境を整えてやり、学習する上で生じる問題に立ち向かう力をつけてあげること。」と述べており、それを実現するために一番最初のプログラムとして一番幼い年代の子供達に「自ら考え選択する力」・「興味・関心を高める力」・「集中力と持続力の構築」3つの力を養うことを重要視している。それにより、学年が上がっても、その課程を自身の糧としてしっかりと吸収できる下地となり、自己成長に繋がっていくと考えているからだ。

そして、それを育むために考案された「アサインメント」。これは自主性や計画性を養うために生徒と先生が交わす約束(契約)のこと。それぞれの年齢に応じた課題が与えられ、子どもたちは期限までに約束を守る責任が課せられる。それと同時に時間の有効な使い方や、何を」・「いつまでに」・「どの程度」進めるかという計画性を学ぶ。

それを実行に移す場所と時間を「ラボラトリー」と呼び、生徒が立てた学習計画を自身または少人数のグループで究めていく。自分が興味を持った分野について深く学んだり、授業でわからない箇所を補ったり、様々な場面でこの場所と時間を自由に使い、自己成長を図る。

通常のカリキュラムや21世紀に必須とされるSTEM教育、Science(科学)・Technology(技術)・Engineering(工学)・Mathematics(数学)などの学問的な領域はもちろんのこと、歴史学・語学・音楽・美術・体育など、様々な経験を通して、自身の好きなことや得意な分野を見出し、その才能を伸ばしていける環境を整えることをとても大切にしている。そのため一流の学校に進学し、医師や弁護士などのスペシャリストを目指すだけにとどまらず、芸術や音楽、スポーツなどあらゆる分野に精通した人材となれる教育方針を取っているのが、このドルトン・プランが世界トップクラスの英才教育と呼ばれる所以なのだろう。

また、詰め込み式の教育とは違い、学びは知識だけでなく、様々な人との交流を通じて、社会性と協調性を身につける「協同」の原理も非常に重要視されている。そのため、学校を人と共に生きる社会を学ぶコミュニティーとし、「ハウス」と呼ばれる他クラスや他学年などで構成されるコミュニティを作成するなど、様々な集団と積極的に交流する機会を設け、多様な価値観・社会性・協調性を身に付けられるような工夫が各所に散りばめられている。

世界への広まりと日本での広まり

こうして人気を博したドルトン・プランは徐々に世界各国に広まりを見せる。

ドルトン・プランを採用した学校はイギリス、オーストラリア、オーストリア、オランダ、ベルギー、チェコ、チリ、韓国、そして日本にも登場する。

日本におけるドルトン・プランは、意外にも1922年、大正自由教育運動の末期に成城小学校ですでに導入されていた。しかし昭和時代になり、生徒自身が学習計画を立てて勉学に励むこのドルトン・プランを教師の手抜きと呼ぶ声が大きくなり、生徒の学力低下を招く原因や進学に不利などの批判から日本の教育の表舞台から排除されてしまう。そして、それ以降は進学に備えた勉学を教科書通り教え込む、言わば詰め込み式教育時代が訪れ、奇しくもパーカースト女史が最初に疑問を感じた教育指導法に戻ってしまうこととなる。

成城小学校 (蔵書目録より)

同じく海軍兵学校でもドルトン・プランが採用されていた頃もあったが、必修科目が非常に多かった時間割の関係上、生徒たちが自由に議論したり、好きな勉強をするのに必要な自由時間が不足していたため、こちらも短い期間で終焉を迎えてしまう。特に軍隊においては大学のように自主探求・自主創造を通じて新しい仕組みや原理を発明したりする能力を求めておらず、あくまで軍隊という組織を動かすための動員として育てることを目的とされていたことも大きいと言える。しかし、当時ドルトン・プランを導入した永野修身氏の校長時代の校風を絶賛する声が大きかったのは事実で、その当時の教育を受けた者の中には新たな爆撃術の研究開発を行った関衛など数々の有能な人材も排出している。各人の創造性や専門性を開花させ、新しい戦術や戦法を生み出そうとした柔軟な発想の教育改革は海軍兵学校の歴史の中でも驚異的なまでに革新的で、極めて珍しい事例でもある。しかし、他律的な型嵌め教育を受けていないため、他の士官や上官からは「理屈っぽく、意見が多い」と非常に評判が悪く、年功序列・権威主義が優先される軍の組織の中で煙たい存在として扱われてしまい、永野校長が軍司令部次長に転じた後にドルトン・プランも消滅することとなる。

永野 修身 (Wikipediaより)

それから年月が経ち、1970年に河合塾が幼児や児童を対象とした知能開発教室「英才教育研究所」を設立すると、1976年にニューヨークのドルトンスクールと提携を結び、ドルトン・プランが日本で再度復活することとなる。その後は河合塾学園ドルトンスクールと改名し、1982年には2歳児、1991年には1歳児を対象とした“幼児英才教育”が行われる。そして2019年4月から、この教育メソッドを取り入れた中高一貫校「ドルトン東京学園」を東京都調布市で新たに開校する。

今、必要な教育とは何か

AI革命やグローバル化が進む今、世の中が大きく変化していく時代。これからの時代を生きる子どもたちは、今の大人がこれまで経験したことのない状況の中で生きていくことになることが予想される。

これまでの時代は、知識を詰め込むことで受験に合格し、難関大学を卒業し、大企業に就職することで一生面倒を見てもらえる安泰な時代だった。しかし、これまでの時代では考えられなかったような大企業が倒産したり買収されたり、もはやどこで勤めていても生涯安泰と言える時代はなくなった。この先の不透明な時代を生きるにあたって、知識一辺倒では乗り越えられず、そのときの状況に応じて臨機応変に考える力が不可欠になる。その力を伸ばすには、子ども一人ひとりと向き合う教育が望ましいとされており、同時に、多様性を理解し、協働する人材を育成することが不可欠と言える。そういう意味でも「自由」「協働」を核とするドルトン・プランは、これからの時代を生きる人を育てるに相応しい教育法の一つとなるだろう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ワーク・マネー, 学び・教育
-,

© 2020 ナゴヒト Powered by AFFINGER5