名古屋歩き 食べる・お茶する

#137 矢場町・栄:栄ミナミで人気のお洒落カフェ『MAISON YWE(メゾンイー)』ヘルシーランチ&絶品デザート

栄ミナミの人気カフェ「MAISON YWE」 ナディアパークの西側にある栄ミナミで人気のカフェ「MAISON YWE(メゾン・イー)」。 栄・矢場町界隈にあるカフェの中でも特に人気なカフェで、感度の高い女性で賑わっているお店。 人気の秘密は、お洒落な店内と美味しいカフェメニュー、そして管理栄養士が監修した本格的なフードメニュー! ドリンクを始め、フードメニューやデザートまで、どれも本格的な味わい。 食事に栄養バランスのとれた健康的なメニューを頂いた後に美味しいドリンクと看板メニューのチーズケーキを始め、プ ...

ReadMore

イベント お出かけ・旅行 ライフスタイル 近場(東海地区)

#136 津島:こだわり農家の新鮮野菜『アサイチBARN SESSION(バーン セッション)』野菜と共に過ごす@OVERCOFFEE(オーバーコーヒー )

アサイチBARN SESSION@OVERCOFFEE 毎月第2日曜の朝、津島の「OVERCOFFEE(オーバーコーヒー )」の軒先きで、こだわりの新鮮な野菜が買えるマーケット「アサイチBARN SESSION」が開かれる。 尾張西部の若手農業者が集まり、新鮮でチョット変わった野菜を運んできてくれるイベントだ。 そんな強いこだわりと個性溢れた愛知西部の農産物直売チーム「BARN SESSION」。 野菜はスタンダードなものの他に、様々な形、色、食味、大きさのものがある。栽培方法や収穫時期、方法によっても多 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#135 東別院・橘:熟タルトの店『アトリエ ブリコ(atelier brico)』熟成させた果実と無添加のお菓子

熟タルトが人気の「アトリエブリコ」 名古屋・大須で人気の「珈琲ぶりこ」や「ばーぐ屋ぶりこ」の姉妹店「熟タルトの店atelier brico」。 無添加な素材にこだわって手間暇かけて作る絶品タルトで人気のアトリエブリコは、2018年5月に中区・橘でオープンした隠れ家風なお店。 伏見通りの古渡町の交差点の北側にあり、表通りに面しているものの、知らずに歩いていると通り過ぎてしまいそうな雰囲気。 しかし、そんな隠れ家感がありながらも、人気の熟タルトは夕方には売り切れてしまうことがあるほどなのだとか。 お店の雰囲気 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#134 東別院・大須:名古屋の人気隠れ家カレー『Bar ka na ta(バーカナタ)』絶品の本格スパイスカレー!

本格スパイスカレーの隠れた名店 東別院駅から徒歩10分ほどの中区・橘にある「Bar Ka na ta」。 多くのカレーマニアが絶賛する本格派スパイスカレーが食べれるお店。 Barでありながら、ランチタイムと飲んだ後の締めの本格スパイスカレーが美味しいと評判で、最近ではBarとして以上にカレー屋さんとしての存在感のが大きいイメージ。 店内の様子 店内はバーのため、落ち着いた雰囲気が漂うお洒落な空間。 食べログより 4人テーブルが2つ、カウンター席が6席ほど。席はとってもゆったりしており、1人で来店しても全然 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#133 今池:本格コーヒーと絶品トースト『SUIDOMICHI coffee(スイドウミチコーヒー)』白・無垢ベースのお洒落なカフェで味わう本物の味

自家製パンとスペシャリティコーヒーのカフェ 2018年5月にオープン以来、すぐさま名古屋の人気カフェの1つとして話題となった「SUIDOMICHI coffee」。 オーナーが1人で切り盛りしているとは思えない、クオリティの高い自家製パンやケーキと、オーナーこだわりのスペシャルティコーヒーが人気のお店だ。 今池駅2番出口から徒歩1,2分と好立地にありアクセスの良さも最高です。 SUIDOMICHI coffeeとは 今池から池下方面に1km以上に渡り桜並木が続く”水道みち緑道”。この桜並木を眺めることがで ...

ReadMore

お出かけ・旅行 遠出(東海地区外)

#131 滋賀・琵琶湖:続編『セトレマリーナびわ湖』滋賀の恵みを楽しむ“ディナー”と“朝食”!ナゴヒト冬旅行Part.2

ナゴヒト冬旅行Part.2「セトレマリーナびわ湖」”食事編”! ナゴヒト冬旅行Part.1でセトレマリーナびわ湖の施設やお部屋を紹介しましたが、今回は”食事編”。 無料で付いてくる朝食と、プラス料金で申し込めるディナーをご紹介! 部屋で楽しむ朝食 ホテルの朝食と言えばビュッフェ形式のものも多い中、セトレマリーナでは滋賀県産のこだわり素材を使用したリッチな朝食がお部屋で楽しめるスタイルになっている。 地元滋賀県産の食材”滋賀のめぐみ”が紹介されている。 古株牧場直送の牛乳、びわ湖近辺で無農薬野菜・有機野菜を ...

ReadMore

お出かけ・旅行 遠出(東海地区外)

#130 滋賀・琵琶湖:モダン&リゾート『セトレマリーナびわ湖』滋賀の恵みを楽しむ“贅沢な空間”と“癒しのひととき”!ナゴヒト冬旅行Part.1

琵琶湖岬のコンセプトホテル「セトレマリーナびわ湖」 琵琶湖と比良の山並みに抱かれた、客室14部屋のリゾートホテル「セトレマリーナびわ湖」。 滋賀の自然の恵みを生かした「とっておきの食」と「こだわりの部屋」で、スロー&リュクスな1日を過ごすことができ、都会の喧騒を離れた、静かで穏やかな時を過ごすのにピッタリのホテルだ。 旅行先をホテルから決めてみた! 1泊2日の旅行へ行こう!となり、普段なら旅行先を決めて宿を予約するのだが・・・ 今回は、泊まってみたいホテルを探してから行き先を決める!というホテルありきの旅 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#129 港区役所・ららぽーと:蔦屋書店内でモーニング!『adedge(アデッジ)』コーヒー好きへの選べるモーニング

スペシャリティコーヒーを楽しむ「adedge(アデッジ)」 2018年にオープンにしたららぽーと内の蔦屋書店。 その別館の一角、1階にあるスペシャリティコーヒーを楽しめるカフェ「adedge(アデッジ)」は、伏見にあるスペシャリティコーヒーで有名な「MITTS COFFEE STAND」の姉妹店。 おいしいコーヒーの他にも、同じく姉妹店の「TO GO Kurumamichi」のマフィンや、ボリューム満点のソフトクリームが人気のお店だ。 店内の様子 蔦屋書店の中にあり、天井の広い空間が広がっていて居心地はと ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#128 国際センター:名古屋のグルメバーガー『ザ コーナー ハンバーガー&サルーン(THE CORNER)』那古野の人気店!

行列必須の人気ハンバーガー店 西区・那古野にある本格的なアメリカンバーガーで人気のハンバーガー店「ザ コーナー ハンバーガー&サルーン」。食べログ・ハンバーガー部門で百名店に2年連続選ばれる超人気店。 そんな人気のお店の名前の由来は“円頓寺本町の街角にあり、英語で酒場を意味するサルーンを合わせたもの”なのだとか。 ニューヨークでハンバーガーを食べ歩いた「バーガーマン」がこだわって作る本場アメリカのハンバーガーが楽しめるとあって、週末には行列が絶えないほどの人気ぶり。 THE CORNERのハンバーガーとは ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#127 久屋大通・泉:名古屋で人気のインドカレー『ムガルパレス(MUGAL PALACE)』本格インドカレーと種類豊富のナンを楽しもう

インド料理屋「ムガルパレス」 久屋大通駅1A出口から北東にある裏路地を歩いた先にあるインド料理店「ムガルパレス」。 エスニックな雰囲気漂う店内でインド人シェフによる本格インド料理が楽しむことができる人気のインド料理店。 名古屋市内に3店舗お店を構えており、泉にある1号店の他に、鶴舞に2号店、名古屋駅に3号店がある。 入り口を入るとエスニック感満載の店内で、異国の雰囲気を楽しむことができる作りになっている。 4人掛けのテーブル席が多く、全部で約60席ほどある店内はとても広々とした空間で、周りを気にせずゆった ...

ReadMore

ビジネスファッション ワーク・マネー

#39 革靴と過ごす①:大切な革靴と永く付き合うための「靴磨き」で大事な5つの基本

投稿日:

スーツで仕事をする人にとって必需品となる革靴。

2,3万円代で買える物から10万円を超えるものまで様々。

 

お洒落は足元からと言われる通り、スーツに合わす革靴は非常に大事なもの。

買う時に良い靴を選ぶのは大切なことだが、必ずしも高級品でなければいけないことはない。

 

本革でしっかり作られている革靴であれば、お手入れ一つで見違えるほど美しい靴に変わる。

 

今日磨くのは、かなり履き込んだ国産革靴で圧倒的な安定感を誇るREGALの靴。

定番ブラックシューズのストレートチップ。

ストレートチップとは、靴の甲の部分の縫い目が横に真っすぐ縫い付けてあるもののことで、フォーマルな装いに適した靴。

あまり磨かれてなかった靴のため、汚れや前のワックスのひび割れが目立つ。

 

この一見古びた靴を今回は磨いて、蘇らせます!

 

まずは靴磨きのための道具を用意します。

靴磨きにハマるとどんどん物が増えていき、しまうところに困るようになったりも。笑

 

1.まずは靴紐を外し、馬毛ブラシでホコリや汚れをはらう

ブラシには主に馬毛の物と豚毛の物と2種類があり、馬毛は柔らかいので汚れをはらうのに使われ、豚毛は硬いのでクリームを伸ばす時や余分なクリームを落とす時に使う。

 

2.ステインリムーバーを使い、汚れを拭き取る

今回使用するのはM.MOWBRAYのリムーバー。シューケア用品のメジャーブランドで、シューファクトリーやシューブランド、靴愛好家まで愛用する。

布切れなどに少量ずつ使用して、薄くのばして革靴の汚れをとっていきます。付けすぎるとシミ等の原因にもなるため、出し過ぎ、付け過ぎには要注意。

綺麗に拭き取ってあげることで、汚れが落ちるのと、前に塗ってあったワックスが剥がれ落ちて、艶のない革本来の柔らかさが出てくる。

 

3.クリームを塗る

余分な物を取り除いたら、次は革に栄養を与えていく。

クリームを塗ることで、革に潤いを与えてヒビ割れを防ぎ、柔らかい光沢も出してくれる。

 

このクリームは必ず靴の色に合ったものを使用し、少量ずつブラシを使いながら隅々まで塗っていくこと。

黒は間違えることないけど、茶色の靴などでどのクリームを買えばいいかわからない時は店員さんに聞いてみると靴と近い色を教えてくれるはず。

 

4.余分なクリームを豚毛ブラシで取り除く

硬い豚毛ブラシを使って、全体をしっかりブラッシングして、余分についてしまったクリームを全体に伸ばしながら取り除いていく。

 

5.シューポリッシュで、艶と光沢を出す

ポリッシュを布切れに少量取り、小さな円を描くように薄く伸ばしていく。

このポリッシュは全体に伸ばすのではなく、靴の先端のみにつけること。光沢を全体に出すといやらしさが出てしまう上に、シワができる部分のワックスが割れてしまう。

ポリッシュ用の布を使うとより鏡面仕上げがしやすくなる。

あと、2,3滴の水を垂らして、ゆっくり伸ばすように円を描いていくとより美しい光沢が出てくる。

 

これで、ほぼ完成!

あとは、野外で防水スプレーを20cm程離してムラなくかけてあげるとより良い。

手入れした方と手入れ前ではかなり違うのがよくわかる。

 

汚れを取り除いて、しっかりクリームで栄養を与えてあげて、最後にポリッシュで光沢を出してあげると、こんなにも見違える程美しい靴になる。

しっかり靴の手入れをしていると、ビジネスで人と合っても信頼感を与えることができるはず。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ビジネスファッション, ワーク・マネー
-,

Copyright© ナゴヒト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.