#105 名古屋・森下:グルメも唸る至高のわらび餅『芳光(よしみつ)』全国百名店に選ばれる徳川園側の和菓子の名店

和菓子の名店「芳光(よしみつ)」

名古屋市東区徳川園近くにある和菓子の名店「芳光(よしみつ)」。

もともと京都の老舗『塩芳軒』で修業を積んだ創業者が1964年にこの地で始めたお店。

茶人などプロからも絶大な信頼を得ており、冷蔵庫を使用せず毎朝早くから作りはじめる“わらび餅”は、当主の島岡樒雄氏が「口ほどけの良いものを」と研究を重ねて作り上げられた芳光イチオシの銘菓。

黄金きな粉に包まれた煌びやかな気品を放つ“わらび餅”は、柔らかい食感と優しい甘みが口に広がる美味しさはまさに芳光でしか味わうことのできない味。

多い時は1日1000個以上売れることがあり、著名人にもファンが多く、大事な時の手土産として持参しても間違いのないオススメの逸品。

店内の雰囲気

店内は昭和の雰囲気が残る広々とした空間。様々な和菓子が綺麗にディスプレイされており、時期によって違った商品が置かれているので、心ときめくお菓子が季節折々楽しめる。

ちなみに大人気の“わらび餅”も期間限定となっており、夏(7月〜9月)の時期は品質確保が難しくなるため売られていないのだとか。

店内にはイートインスペースもあり、買った生菓子をここで食べることもでき、お茶も出してくれるので、温かいお茶と和菓子を堪能することもできる。

芳光銘菓「わらび餅」を食べてみた!

先週テレビで放送されたため普段よりもお客さんが多かったこともあり、10時半頃に来店したら、すでにわらび餅は売り切れてしまっていた。

しかし、追加生産中とのことで11時半以降の予約受け取りという形で予約ができました!

なので名前と電話番号と個数を伝え、近所にあるラーメン屋「如水」へお昼を先に食べに行き、食後のデザートとして買いに戻ってくることに。

ラーメンを食べて戻ってくると、すでにパッケージもされており、あとはお会計を済ますだけ。

パッケージを開けてみると、「芳光」の判子が押されたシンプルな白い箱。

フタを開けてみると、丁寧に詰められたわらび餅が並んでいます!

箱から取り出してみると、こじんまりとしたわらび餅が輝いてます。

一口食べてみると、とっても柔らかいわらび餅の生地と、みずみずしいコシあんが絶妙なバランスでとってもおいしい!

すっごく上品に作られているので、食べ終わった後も甘さが口に残ることなく、すごく良い気分になりました。


 

わらび餅以外の和菓子も上品で繊細なものが多く、本格的なお菓子が揃う芳光。その他の和菓子も今度ぜひ試してみたいところ。

わらび餅を購入したい方は事前に予約をすれば、当日すぐに購入することも可能なので、当日すぐ買いたい方は前日までに予約しておくと良いと思います。

市バス基幹2系統「山口町」又は「徳川園新出来」から徒歩5分、もしくは名鉄瀬戸線森下駅から徒歩15分と、アクセスが悪いながらも、そんな不便さを一掃してしまうほどのクオリティを誇る名古屋一有名なわらび餅をぜひ一度試してみてください。

 

芳光(よしみつ)

住所:名古屋市東区新出来1-9-1
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日・年始(元旦~3日) ※8月に臨時休業日有り
TEL:052-931-4432
WEB:食べログを見る
駐車場:4台(店舗横)

営業時間・定休日などは変更する可能性もあるので、公式ページ等で確認してみてください。

  • B!