名古屋歩き 食べる・お茶する

#170 栄・久屋大通:名古屋に上陸した『Fab Cafe Nagoya(ファブカフェ)』の魅力@RAYARD Hisaya-odori Park

FabCafeとは 名古屋・栄の新名所「RAYARD Hisaya-odori Park(久屋大通パーク)」。テレビ塔下に広がる全長およそ1kmほどの公園が再開発され、公園の新しい価値を提供すべく魅力的な空間とショップ・レストランがオープン。 その中でも個人的に楽しみにしていたお店「FabCafe Nagoya」は、2012年に渋谷にオープンして以来、現在世界8カ国と11拠点にグローバル展開している「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な・素晴らしい)」をコンセプトにした、カフ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#169 池下・覚王山:絶品のパン屋『製パン 雅』グルメな人も納得する名古屋の名店

製パン 雅とは 2018年10月にオープンした千種区日進通にあるパン屋『製パン 雅』。 軽井沢の有名な「ベーカリー&レストラン 沢村」でおよそ7年間修行を積んだパン職人がオープンしたお店。 沢村のレシピをオリジナルにアレンジして作られるパンはどれも絶品なモノばかり! こじんまりとしたお店ながら、店内にはズラリとパンが並んでおり、来る者を魅了します。 お店の雰囲気 落ち着いた雰囲気の外観は、高級住宅街の景観に溶け込んだ雰囲気。 中に入ると、おいしそうなパンの匂いが漂うこじんまりとしたお店で、ショーケースには ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#168 矢場町:注目必須のコーヒースタンド『doubletall into cafe(ダブルトールイントゥカフェ)』名古屋の老舗カフェ2号店!

doubletall into cafeとは 2020年9月1日、名古屋の人気老舗カフェ「doubletall cafe nagoya」の2号店『doubletall into cafe』が矢場町にオープン! 注目必須の2号店は、若宮大通り沿い、矢場町交差点からすぐの場所。交差点の角にあるフレッシュネスバーガーの隣です。 こだわりのコーヒーはそのままに、ダブルトールカフェの味を手軽に楽しめるコーヒースタンド形式のお店は、日本最古のバリスタと呼ばれる近藤マスターが、自身のコーヒーへの想いを詰め込んだ新しいカ ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#167 上前津・矢場町:名古屋の老舗カフェ『double tall cafe(ダブルトールカフェ名古屋)』洗練された空間と素材にこだわったメニュー

double tall cafeとは 1994年に八事の山の手通りにオープンした「double tall cafe」。 空輸してアメリカから取り寄せていた自慢のコーヒー豆と、日本最古のバリスタと呼ばれるマスターが淹れるコーヒーを求め、本物志向の人に人気を博した先進的なお店。 その後、東京に店舗を展開していきながら「double tall cafe」は成長を続けるが、名古屋店は閉店となる。 しかし、時を経て「double tall cafe名古屋」の顧客がオーナーとなり2017年11月に上前津で再オープンを ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#166 本山:『ボニュ(bonnieu)』トレズ本山で味わう上質な素材のバスクチーズケーキとハーブティー

ボニュ(bonnieu) 2020年6月20日にオープンした『XIII(トレズ)』の3階にあるカフェ『ボニュ(bonnieu)』。 本山駅から徒歩3分ほどの場所でアクセスも便利な場所。 水や空気が綺麗な豊田市小原の山間部にアトリエを構えており、そこで出来る限り国産、無農薬、有機、旬の材料を用いて作られるケーキが自慢のお店。 「Pâtisserie Sadaharu AOKI Paris」で修行したオーナーが都内での勤務を経て、この地で独立したという確かな技術も人気の秘密。 元々「bonnieux」という店 ...

ReadMore

近場(東海地区) 食べる・お茶する

#165 豊田市・西町:『EAST ENDERS COFFEE(イーストエンダーズコーヒー)』週末限定カフェで楽しめる本格派コーヒーとカフェラテ

週末限定カフェ「EAST ENDERS COFFEE」 鶴舞線(名鉄豊田線)の終点駅でもある豊田市駅から徒歩4分の場所に2020年5月2日に新しくオープンした「EAST ENDERS COFFEE」。 豊田市駅前参合館内にあったシェアコーヒースタンド「B&C space」でコーヒーを淹れていた店主が独立してオープンしたお店だ。 「EAST ENDERS COFFEE」という店名は”東の端のコーヒー屋”を意味し、名古屋から鶴舞線で東端にある豊田市と、世界の東端にある日本から、新たな文化を発信していきたい。と ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#164 熱田・伝馬町:『喫茶space(スペース)』これぞ名古屋の喫茶店!新しさと文化が融合された新名所

喫茶spaceという喫茶店 名古屋の文化でもある喫茶店。 街のいたる所に昔ながらの喫茶店が点在しており、若い人からお年寄りまで、幅広い世代に愛されながら受け入れられている。 そんな喫茶店の1つであった「珈琲あいざわ」が32年の歴史に幕を閉じると同時に、2020年6月8日に「喫茶space」がその場所に新たにオープンした。 伝馬町駅から徒歩5分ほどの場所にある、マンションの1階にあるお店。 マンションの手前にあるお店の看板。 お洒落なお店のロゴは"年数を経ても飽きず、普遍的で長く愛されるお店"にしたいという ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#163 今池・吹上:ステキ空間カフェ『Hapuna Coffee(ハプナコーヒー)』スペシャルティコーヒーとパンを楽しもう!

スペシャルティコーヒーが楽しめるカフェ『Hapuna Coffee』 2020年5月にNew Openした『Hapuna Coffee(ハプナコーヒー)』。 今池駅から徒歩5分の場所に位置し、浅煎りのスペシャルティコーヒーをメインとした本格的なコーヒーが楽しめるお店。 名古屋の有名店「TRUNK COFFEE」でコーヒーを淹れていたバリスタが独立したお店で、ドリップとエスプレッソ両方を堪能できる。 また、千種区日進通にある人気のベーカリー「製パン 雅」のパンと焼き菓子を楽しむことができるのも嬉しいポイント ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#162 金山・東別院:PORK STAND 3PIG(スリーピッグ)で味わうこだわりの絶品ローストポーク丼と豚角煮丼!

PORK STAND 3 PIGとは 金山駅から東に行った先、オープンと同時に行列ができるほど話題のお店『PORK STAND 3 PIG(スリーピッグ)』が2020年2月2日にNEW OPEN! 3pigは養豚農家、お肉屋、割烹屋の3人の三代目から生まれたお店。 「生産・加工・料理」全ての工程において3人の各プロフェッショナル達が協同することで生まれたとあって、おいしさがたっぷり詰め込まれた、ここでしか味わうことのできない味わいに仕上がっている。 提供される豚肉は、インスタグラムで生産工程を公開しており ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#160 千種区・吹上:日本茶専門店『ヤタガラス(YATAGARASU)』本格派な和カフェで味わう煎茶とアフォガート

本格的な日本茶カフェ「YATAGARASU」 2019年5月13日、吹上駅から徒歩8分の場所に本格日本茶カフェ「YATAGARASU(ヤタガラス)」がオープン! 京都にある宇治茶の郷”和束(わづか)の茶畑”にあるお茶農家から直接仕入れた、本格的な煎茶・抹茶・ほうじ茶が楽しめる和カフェ。 オーダーが入ってから丁寧に抽出する煎茶を始め、濃厚な抹茶やほうじ茶を使用したラテやアフォガートなど、日本茶好きにはたまらないメニューが詰まった素敵なお店! 店内の雰囲気 こじんまりとした店内は、カウンター3席と、テーブル席 ...

ReadMore

名古屋歩き 食べる・お茶する

#158 鶴舞・上前津:人と人が行き交うカフェ@千代田『Pharmacy Coffee Lab(ファーマシー コーヒー ラボ)』名古屋の人気ラジオDJ”コバタクさん”によるコーヒーショップ!

名古屋の新名所の予感〜Pharmacy Coffee Lab〜

名古屋の人気ラジオDJこと”コバタクさん”がオーナーのコーヒーショップ「Pharmacy Coffee Lab(ファーマシー コーヒー ラボ)」が2019年7月26日にオープン!

当ブログでも以前紹介させて頂いた名古屋を代表するカフェ「MITTS COFFEE STAND」のバックアップを受けてオープンする本格的なスペシャルコーヒーを楽しめるコーヒーショップとあって、オープン前からコーヒー好きの間でもかなり話題に上っているお店。

お店があるのは、BRUTUS”名古屋の正解”でも特集された千代田。ちょうど鶴舞駅と上前津駅の間にある「大池薬局ビル」の1F。名古屋を始め、東海地区で活躍する建築士・浅井裕雄氏が手がけた建物で、「人が行き交うビルにしたい」というコンセプトのもと建てられたコンクリート造の洒落たビル。

かねてより、地元・豊川でカフェを併設したストリートバスケットコート施設を作る”フィールド・オブ・ドリームス”プロジェクトで動いていたコバタクさんが、その夢の第一歩としてMITTSさんとのコラボで、この場所に人と人が行き交うカフェを始めるとあり、興味津々!名古屋の新名所になる予感しかしません。

お店の雰囲気

大須通り沿いにあるコンクリート造のビルが目印の「Pharmacy Coffee Lab」

場所はヤマナカの道路を挟んだ向かい側辺り。

7月22日と23日にクラウドファンディングした人のみ招待されるプレオープンイベントが開催されており、人生初のクラウドファンディングをして参加してみました!

早速訪れてみると荒れ模様の天気の中、大勢のお客さんで賑わっていた。

スタッフさんが案内してくれる通りに進み、早速店内にてオーダー!

Pharmacy Coffee Labのメニュー

Pharmacy Coffee Labこだわりのメニューはこのような感じ。PINE FIELDS MARKETさんの焼き菓子も取り扱ってます。

MITTS COFFEE STANDさんと共同で作り上げたPharmacy Coffee Labのオリジナルブレンドは、インドネシア、エチオピア、ブラジル、コロンビア、ニカラグアのスペシャルティコーヒーを3つほど選び、様々な比率で配合し行き着いた味。

そして、完成した2種類のブレンドは「anco(あんこ)」・「natumi(なつみ)」と名付けられる。

「anco」は中南米の農園の豆”ニカラグア エルススピロ(深煎り)”・”コスタリカ ブルマス(深煎り)”・”ブラジル サンジュタス タデウ(深煎り)”を「1:1:1」の割合で配合したもの。深みのあるブレンドは、思わず小倉トーストを食べたくなるような味だったため、名古屋らしさもある「あんこ」に決まったのだとか。

「natumi」は、”インドネシア スマトラ(深煎り)”・”ニカラグア ラスデリシャス(中煎り)”・”ブラジル サンジュタス タデウ(深煎り)”を「1:1:2」の割合で配合したもの。酸味・香り共にスッキリしていて、夏らしい爽やかなテイスト。

そんな中、Pharmacy Coffee Labと繋がりのあるカフェパスの人に「ラテにかなり力入れてるよ」と教えてもらったこともあり”カフェラテ(HOT )”をオーダー!

マシンはエスプレッソ発祥の地”イタリア”に本社を構えるLA MARZOCCOのもの。車が1台買えてしまうほど高価なマシンながら、伝統的なハイエンドマシンとして世界各地のプロに愛用されているメーカーの1つ。

可愛いハートの形で注いでもらったラテを早速味わってみると、おいしいコーヒーとミルクのコクが口いっぱいに広がりながらも、後味は心地よい余韻に浸らせてくれる飲みやすさ!

他のメニューも気になるけど、それは次回のお楽しみにしておきます。

お店のロゴと店名の由来

カップには可愛らしいPharmacy Coffee Labのロゴ。

これは、かつての薬局で扱われていた薬瓶の中からコーヒーの豆と葉が顔を出し、札に「CHIYODA」の文字が描かれたPharmacy Coffee Labらしさを象徴するもの。

そして、店名のPharmacyは、もともとこの場所に薬局が入っていた歴史をなぞってとのこと。

地元・豊川で建設予定のストリートバスケットコート”フィールド・オブ・ドリームス”のプロジェクトでもコートの名前が「Grape Park Court」とすでに決まっており、それもかつてコバタクさんの両親が大切に育てた葡萄畑があった場所を受け継いで作るからなのだとか。

その土地に宿る歴史を受け継ぎ、新たな形で生まれ変えるという想いのこもったネーミングがとっても素敵で、今回のPharmacy Coffee Labもシンプルに決めたとありましたが、しっかりコバタクさんらしさを感じる店名でした。

遊び方改革と現代アート

「遊び方改革」を謳うコバタクさんの想いは、お店の外のペイントにも現れている。

最近浮世絵にハマっているコバタクさんが、それを軸に発想を膨らませた結果、愛知県出身の現代アーティストYOH NAGAO氏とのコラボが決まり、お店の外にペイントアートを施すことになったのだとか。

”僕らは未来の先住民”をテーマにコラージュとアクリル絵具を使い、現代人から先住民族までの嗜好性と色彩感覚を追いかける国際的にも活躍する現代アーティストの作品が壁に描かれているという贅沢な空間。

自身が熱中できる遊びから広がる知見や新しく繋がる人とのご縁など、遊びから得られるものの大切さを改めて感じることができるカフェ『Pharmacy Coffee Lab』。最後に”Lab”が付いてるのも遊び方改革の実験室であるという想いからきている。

7月26日 GRAND OPEN!!

オープン初日も仕事終わりに早速お邪魔してきました!お店の前には大量のお花が届いており、まるで街のお花屋さん状態!

店頭にはお店のイメージカラーで描かれたロゴの立て看板が立てられており、お店の入り口を彩っています。

カウンターの上にはプレオープン時にはなかったお洒落な照明がお店を明るくしてくれています。

今回は前回頼むことができなかったメニューをいくつかオーダー!

レモネード(ICE)

仕込みには20個以上のレモンを使用しており、レモンの味が濃厚で上質なレモネードに仕上がっています。爽やかな味わいがすごく美味しい、夏にぴったりのドリンク!

コーヒーシェイク

コバタクさんがツイッターで「コーヒーシェイクがうまい!」とつぶやいていたオススメの一品!

バニラシェイクにエスプレッソショットを加えて作られるコーヒーシェイクは、コーヒーが濃厚な大人向けの本格派シェイク!これはうまい!!

Ice Cream〜そふとくりーむ〜

丸みを帯びたとっても可愛らしい見た目のソフトクリーム!そのまま食べても、コーヒーのお供に食べてもおいしいソフトクリームは、ミルクが濃厚でなめらかな仕上がり!

ドリンク飲んだ後に食べれるかなと思ったけど、おいしくてパクパク食べてたらペロッといけちゃいました。

名古屋の新名所

これから確実に話題になるであろう名古屋の新名所「Pharmacy Coffee Lab」。

仕事も遊びも常に楽しく面白く!

面白い人たちに出会えて、ここからさらに輪が広がって、色んなレイヤーで名古屋という街が楽しめる空間「Pharmacy Coffee Lab」は、きっと近い将来”名古屋のハブ”になっているのだろう。

貪欲に楽しさを求める方はぜひ一度お店に足を運んで、遊び方改革の実験室で名古屋の新しい楽しさを見つけてみてください!

 

Pharmacy Coffee Lab

住所:名古屋市中区千代田3丁目4-3 1N 大池薬局ビル
定休日:水曜日
TEL: 052-265-9967
WEB:インスタを見るfacebookを見るコバタクさんのブログを見る

営業時間・定休日などは変更する可能性もあるので、公式ページ等で確認してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-名古屋歩き, 食べる・お茶する
-, , , , ,

© 2020 ナゴヒト Powered by AFFINGER5